3月10日、フジテレビ、ノンストップの「One Dish」のコーナーで放送されたV6坂本昌行さんの「ウドとシイタケの春巻き 」のレシピです。
生の食材を包んで揚げるだけの簡単春巻きです。 旬ウドを使って香り豊かに仕上げ、特製の卵黄タレでいただきます。

スポンサードリンク

ウドとシイタケの春巻き

材料 2人分

ウド        20cm
しいたけ      2枚
鶏むね肉      1OOg

(A)
しょうゆ      大さじ1
オイスターソース  小さじ1
しょうが      小さじ1
卵白        1個分

春雨        lOg
春巻きの皮     6枚

(B)
薄力粉       大さじ1
水         小さじ2

揚げ油       適量

(C)
卵黄        1個分
ごま油       大さじ1
酢         小さじ1
はちみつ      小さじ1/3
塩         少々

作り方

準備
・ウドは皮をむいて10㎝長さの薄切りにします。
・しいたけは石づきを除いて傘の部分は薄切りにし、軸は手で割きます。
・鶏むね肉はそぎ切りにします。
・しょうがはすり下ろします。
・春雨はさっと洗って長さを半分に切ります。
・卵は卵白と黄身に分け、卵白はよく溶いておきます。
・(B)はよく混ぜて、春巻きののりとして使います。

1.ボウルに鶏肉を入れて調味料(A)を手でよくもみこみます。
2.しいたけ・春雨を加えて軽く混ぜ、10分ほどおきます。
3.春巻きの皮を斜めに置き、ウド→しいたけ→鶏肉→春雨の順にそれぞれ1/6量を目安に重ねてのせます。
4.手前からひと巻きしたら、両側を折り込み、くるくると最後まで巻いて端を(B)を塗ってくっつけます。同様に全部で6個作ります。
5.170℃の揚げ油に春巻きを入れ、4~5分、色よく揚げ、器に盛ります。
6.タレ(C)を混ぜ合わせ、春巻きに添えて完成です。

POINT

ウドとしいたけから出る水分を、戻さずに加えた春雨に吸わせうまみを閉じ込めます。
春巻きの皮に具を重ねるようにのせ、ウドの食べごたえをアップします。
特製だれは卵黄のコクとごま油の風味で春巻きと相性抜群です。

チコリより

  
ウドを加熱して多分いただいたことがないのでどんな風なのか食べてみたいです。

スポンサードリンク