3月13日、フジテレビ、ノンストップの「行列シェフのまかない家ごはん」のコーナーで放送されたオー・ギャマン・ド・トキオ 木下シェフの「逆ロールキャベツバーニャカウダソース添え」のレシピです。
ひき肉でキャベツを巻いた逆ロールキャベツににんにくの香りが豊かなバーニャカウダソースを添えます。簡単で短時間で作ることができ、華やかな仕上がりでおもてなしにも良いです。

逆ロールキャベツバーニャカウダソース添え

材料 2人分

逆ロールキャベツ
合いびき肉   200g
キャベツ    2枚(約lOOg)

塩       小さじ1/2弱
粗びき黒こしょう 少々

バーニャカウダソース
(A)
にんにく(芯を除く) 4片
オリーブオイル   100cc

(B)
アンチョビ(フィレ)15g
粉チーズ   大さじ3
マヨネーズ  大さじ 1

(C)
生クリーム  1/4カップ
甜麺醤   大さじ2

サラダ油  適量

作り方

逆ロールキャベツを作る
1.キャベツはさっとゆでて氷水に取り、ペーパータオルで水気を除き、葉と芯に分け、芯は刻みます。
2.ボウルに合いびき肉を入れ、塩・こしょうをふり、キャベツの芯を加え、ねばりが出るまで混ぜたら、上からたたくように落とし空気を抜きます。
3.ラップを広げ、薄くサラタ油を塗り、タネをのせ、5㎜厚さ(15 xlO㎝)に広げます。
4.タネにキャベツの葉を均一な厚さになるよう重さね、手前からラップごと持ち上げ、くるりと巻いて筒状にします。
5.ラップを一度外してもう1回きつめに巻き直し、上からもう一度ラップで巻きます。
6.ラップの左右をねじり、形を整えて、600wの電子レンジで2分ほど加熱します。出た肉汁は後程使うので取っておきます。
7.フライパンにサラダ油少々を熱し、ラップをはずした逆ロールキャベツを巻き終わりが下になるように入れ、転がしながら表面に焼き色をつけます。
 ☆さっと焼いて香ばしくジューシーに仕上げます。

バーニュカウダソースを作る
1.小鍋に(A)を入れ、弱火にかけ(コンフィ)、にんにくに金串がすっと通るまで火を通します。
2.にんにくをたたいてつぶし、別のボウルに入れます。
3.(B)を加えよく混ぜたらにんにくをゆでた油を好みで少量加え、(C)も加えてのばします。
4.上記の肉を取り出したフライパンにソースを入れ、煮汁も加えて軽く温めてなめらかにします。

盛りつけ
食べやすく切って器に盛り、ソースをかけて完成です。

POINT

ひき肉は薄くのばしてキャベツに巻きつけることで火の通りが早く、キャベツの食感も良く、ソースともからみやすくなります。

チコリより

  
お肉はつなぎを使わず、煮込んでもいないので、いつものロールキャベツとは見た目も味も食感もまったく違ったお料理のようです。お肉とソースがとても合いそうですね。

スポンサーリンク