3月27日、フジテレビ、ノンストップの「行列シェフのまかない家ごはん」のコーナーで放送された「鈴なり」村田明彦シェフの「サバカツとナスの卵とじ」のレシピです。
サクサクのサバカツの絶品卵とじです。やみつき間違いなしです。

サバカツとナスの卵とじ

材料 2人分

サバ(切り身)  120g
ナス      1本
卵       1個
青ネギ(斜め切り)1/2本

(A)バッター液
小麦粉     大さじ9
卵       1個
水       100cc
しょうが    1/3片
塩       少々
こしょう    少々

パン粉     適量

揚げ油     適量

白練りごま   大さじ2

(B)
だし汁     180cc
しょうゆ    大さじ2と2/3
みりん     大さじ2と1/3
砂糖      大さじ1

市販紅しょうが 適量

作り方

準備
・サバは食べやすく切ります。
・ナスはへタを除き、乱切りにして水にさらします。
・卵は溶きほぐします。
・しょうがはすり下ろします。
・紅しょうがはみじん切りにします。
・ボウルに(A)の材料を入れて混ぜます。

1.サバを(A)→パン粉→(A)→パン粉の順につけます。
2.180℃に熱した揚げ油でナスを色が変わるまで素揚げにします。
3.次に衣をつけたサバを入れ、衣が固まったらときどき返しながらきれいな色がつくまで揚げます。
 ☆油から取り出すときにサバの先端を10秒ほど油に浸し、油を落とすと油が切れます。
4.鍋に練りごまを入れ、(B)を少しずつ加えながら混ぜ、火にかけます。
5.ひと煮立ちしたらナスとネギを加えてひと煮立ちさせ、火を弱めます。
6.溶き卵を回し入れ、好みのかたさに火を通します。
7.器にサバを盛り、卵とじをかけ、紅しょうがをのせて完成です。

POINT

衣に味をつけるのでサバに下味は浸けません。バッター液とパン粉を2度づけすることで、衣に厚みが出てボリュームとサクサク感が増します。
油から上げるときにサバの先端を揚げ油に浸すと、揚げ油がカツの余分な油を吸いカラリと仕上がる
タラ・鶏肉・豚肉などでもおいしく作ることができます。

チコリより

  
お出汁に練りごまが入っていてとてもおいしそうです。今まで食べたことのない卵とじです!衣を2度付けしているのでボリュームたっぷりですね。

スポンサーリンク