4月18日、フジテレビ、ノンストップの「笠原将弘のおかず道場」のコーナーで放送された「賛否両論」店主笠原将弘さんが作る「エビとソラマメのがんも」のレシピです。
豆腐とエピとソラマメで春らしい彩りのがんもを作ります。えび風味のつけだれで味わいます。

エビとソラマメのがんも

材料 4人分(約16個分)

(A)
工ビ      8尾
ソラマメ(正味) lOOg
木綿豆腐    300g

とろろ昆布   lOg

(B)
片栗粉     大さじ1
砂糖      小さじ1
塩       小さじ1/2

サラダ油    大さじ1

揚げ油     適量

(C)
だし汁     300ml
しょうゆ    大さじ2
みりん     大さじ2

大根      8㎝(200g)
しょうが    lOg

作り方

準備
・豆腐はしっかり水切りします。
・エビは殻をむいて背ワタを除き、 粗く刻みます。(殻は取っておきます)。
・ソラマメは薄皮をむいて粗みじん切りにします。
・大根はすりおろします。
・しょうがはすりおろします。

1.ボウルに(A)・(B)を入れ、とろろ昆布をほぐしながら少しずつ加え、混ぜ合わせます。
 ☆とろろ昆布はいっきに入れるとダマになるのでほぐしながら加えます。
2.手に薄くサラダ油を塗り、小判型に成形します。
3.170℃に熱した揚け油に入れ、4~5分こんがり揚げます。
4.フライパンで工ピの殻をからいりし、色が赤くなり香りが立ってきたら(C)を加え、ひと煮立ちさせてこします。
5.器にがんもを盛り、おろし大根としょうが、麺つゆを添えて完成です。麺つゆにつけていただきます。

POINT

・とろろ昆布はうまみをアップさせ、水分を含んでつなぎになります。
・エビ風味のお出汁は麺つゆとして、野菜を炊いてもおいしいです。エビの殻は捨てずに冷凍しておくと良いです。

チコリより

  
エビの殻を使った麺つゆがいいですね!とてもおいしそうでした。

スポンサーリンク