6月12日、フジテレビ、ノンストップの「行列シェフのまかない家ごはん」のコーナーで放送された「リストランテカノビアーノ」植竹隆政シェフの「トマトとオイルサーディンのパスタ」のレシピです。
トマトとオイルで濃厚ソースに仕上げ、オイルサーディンを加えた人肌位の温度でいただくパスタです。

スポンサードリンク

トマトとオイルサーディンのパスタ

材料 2人分

ミニトマト   約10個(200g)
オイルサーディン缶 100g
スパゲティ(1.4㎜)  120g
塩       適量
オリーブオイル 大さじ2
オクラ     4本
みょうが    1個
青ジソ     2枚

作り方

準備
・ミニトマトはヘタを除き、横半分に切ります。
・オクラは下茹でし、額を除き斜め薄切りにします。
・みょうがは薄切りにして水にさらし、水気を取ります。
・青じそは細切りにします。

1.ボウルにトマトを入れ、塩をふたつまみふります。
2.トマトから水分が出てきたらオリーブオイルを加えて水分と乳化させるように混ぜます。
3.オイルサーディンの身をほぐして入れ、オクラを加えて混ぜ、冷蔵庫で冷やします。
4.鍋に湯を沸かし塩12g(スパゲティの1%が目安)を加え、スパゲティを表示より1分ほど長めにゆでます。
5.③に④の熱々のパスタを加えて混ぜます。
6.器に盛り、みょうがと青ジソをのせて完成です。

POINT

ミニトマトは色を混ぜると味わい深くなります。
ゆでたてのパスタを冷たいソースに加えてうまみを凝縮し、やわらかく茹でたパスタがアルデンテになります。
オイルサーディンは鮭缶・カニ缶・ツナ缶に代えてもおいしく作ることができます。

チコリより

冷製ではなく人肌程度の生温かい状態でいただくそうです。ランチに作ってみたいと思います。

スポンサードリンク