6月13日、フジテレビ、ノンストップの「笠原将弘のおかず道場」のコーナーで放送された「賛否両論」店主笠原将弘さんが作る「カボチャと豚バラのさっぱり煮」のレシピです。
ほっくりした力ボチャとコクのある豚バラにレモンを加えて酸味が効いたさわやかな煮物を作ります。

スポンサードリンク

カボチャと豚バラのさっぱり煮

材料 4人分

豚バラ薄切り肉 200g
カボチャ   1/2個
レモン    1個
塩      少々
片栗粉    適量

(A)
だし汁    400ml
薄口しようゆ(なければしようゆ) 大さじ2
みりん    大さじ2

粗びき黒こしょう 少々

作り方

準備
・カボチャは種とワタを除き、ひと口大に切り、皮をところどころむきます。
 ☆かぼちゃがかたくて切りにくいときは水で濡らして電子レンジに少しかけると良いです
・レモンは半分に切り、半量は絞り、残りの半量は薄い半月切りにします。
・豚肉は長さを半分に切り、塩をふって下味をつけ、片栗粉を薄くまぶします(「くず打ち」と言います)。

1.鍋に湯を沸かして豚肉を入れ、色が変わるまで20秒程さっとゆでて火をとおし、ザルに上げます。
2.フライパンに①を皮を下にして重ならないように並べ、(A)を加えて強火にかけ、煮立ったらアルミ箔をかぶせ、中火で10分煮ます。
3.レモン汁を加えひと煮立ちしさせ、①を加え、半月切りのレモンを散らし、再度アルミ箔をかぶせて3分ほど煮ます。
 ☆レモンを加えてから長く煮ると苦みが出てしまうのでかぼちゃにほぼ火が通ってから加えます。
4.器に盛り、粗びきこしょうをふって完成です。

POINT

レモンのダブル使いでさわやかに仕上げます。

チコリより

  
豚肉のつるつるした感じとレモンをつかったところが暑い季節にとてもおいしそうです。

スポンサードリンク