1月31日、フジテレビ、ノンストップの「笠原将弘のおかず道場」のコーナーで放送された「賛否両論」店主笠原将弘さんが作る「タラの変わり揚げ」のレシピです。
タラをふんわり軽やかに仕上げ、相性抜群の親子あんを添えます。

タラの変わり揚げ

材料 4人分

タラ(切り身) 4切れ
卵(卵黄と卵白に分ける)2個

(A)
みそ    大さじと1/2
みりん   大さじ 2

ミズナ   1/5束
長ネギ   1/2本
タラコ   60g

(B)
だし汁   1と1/2カップ
しょうゆ  大さじ1と1/2
みりん   大さじ1と1/2

(C)水溶き片栗粉
片栗粉   大さじ1
水     大さじ1と1/2

薄力粉    大さじ3
すりコマ(白) 大さじ2
揚げ油    適量

いんげん   8本
レモン  1/2個

作り方

1.タラの下ごしらえをします。
 タラはひと口大に切ります。
 ☆タラの皮もおいしいのでつけたまま調理します。
 卵は卵黄と卵白に分けます。
 Aと卵黄を混ぜ合わせてタラにもみ込み、10分ほどおきます。
 ☆卵黄でふんわり軽やか食感にします。
 
2.野菜を切ります。
 ミズナは3cm長さに切ります。
 長ネギは小口切りにします。
 いんげんはヘタを取り、長さを半分に切ります。
 レモンはくし切りにします。
 タラコは薄皮に切り目を入れて開き、包丁の背で皮を外します。

3.タラコあんを作ります。
 鍋にBを入れて煮立たせ、②を加えてさっと煮ます。
 Cの水溶き片栗粉を回し入れ、とろみをつけます。
 弱火にしてよく溶いた卵白を回し入れ、混ぜながら火を通します。
 ☆お玉で全体を混ぜながら卵白を流し入れます。
 ☆タラコと卵白でふわふわ親子あんに仕立てます。

5.①に薄力粉、すりごまを加え混ぜ込みます。
 170℃に熱した揚げ油に④を入れ、3~4分揚げます。
 ☆すりゴマで香ばしい衣にします。タラの衣が焦げやすいので少し低めの油で揚げます。
 いんげんもさっと素揚げします。

6.タラとインゲンを器に盛り、レモンを添え別の器に③を入れて添えて完成です。
 食べるときに親子あんをかけて頂きます。

POINT

卵は卵黄を衣に、卵白をあんにとムダなく使い分けます。
タラにみそと卵黄をもみ込むことで淡泊なタラが香り良く頂けます。また卵黄を加えて揚げ上がりの食感もふんわり軽やかにです。
親子あんはご飯やうどんにかけてもおいしいです。

チコリより

お味噌で下味をつけたふんわり衣のタラがおいしそうです。

スポンサーリンク