7月17日、フジテレビ、ノンストップの「行列シェフのまかない家ごはん」のコーナーで放送された「の弥七」山本眞也シェフの「ナスとモッツァレラチーズのハーブ炒め」のレシピです。
揚げたナスとモッツァレラチーズをバジルとともにあんで絡めるハーブ炒めです。食材はイタリアンですが中華の作り方です。

スポンサードリンク

ナスとモッツァレラチーズのハーブ炒め

材料 2人分

ナス     2個
モッツァレラチーズ 7Og
バジル    3枝
片栗粉    適量
揚げ油    大さじ6
サラタ油   大さじ1
にんにく   小さじ1
しょうが   小さじ1
赤唐辛子   3本

(A)
酢      大さじ3
砂糖     大さじ2
しょうゆ   大さじ1
水溶き片栗粉(水と片栗粉を同量合わせたもの 小さじ2

作り方

準備
・なすはヘタを除き、2㎝厚さの輪切りにします。
・モッツァレラチーズはひと口大に切り、片栗粉をまぶします。
・バジルは葉と茎を分けます。
・(A)を合わせます。

1.フライパンに揚げ油を入れて180℃に熱し、ナスを片面1分ほどずつ、こんがりときつね色に素揚げして取り出します。
2.続けてモッツァレラチーズを入れ、5秒ほど揚げます。
3.別のフライパンにサラタ油を熱して、バジルの茎を入れて妙め、香りか立ったら取り出し、にんにく・しょうが・赤唐辛子を加えて弱火で妙めます。
4.香りが立ったら中火にし、(A)を加えひと煮立ちさせます。
5.ナス・バジルの葉・チーズを加え軽く混ぜ、器に盛って完成です。

POINT

モンツァレラチーズは片栗粉をまぶして表面を揚げ焼きにしてカリトロ食感にします。
バジルの茎を油で妙め、香り豊かなバジルオイルを作ります。
鶏肉などを加えれば主菜になります。

チコリより

とてもおいしそうです。食材も調理の仕方もおなじみですが組み合わせたことのないものです。これはぜひ作ってみたいです。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ