2月28日、フジテレビ、ノンストップの「笠原将弘のおかず道場」のコーナーで放送された「賛否両論」店主笠原将弘が作る「カジキの竜田揚げ 」のレシピです。
カジキを竜田揚げにして淡白な力ジキをコクのある味わいに変身させます。 菜の花の茎はご飯に混ぜて頂きます。

スポンサードリンク

カジキの竜田揚げ

材料 4人分

カジキマグ口(切り身) 4切れ
菜の花   1束
塩     少し
梅干し   2個

(A)
卵黄    2個分
酒     大さじ2
塩昆布   10g

片栗粉   適量
揚げ油   適量
温かいご飯 茶碗4杯分(600g)

(B)
ごま油   大さじ1
しょうゆ  大さじ1
白いりごま 大さじ1
かつお節  5g

レモン(半月切り) 適量

作り方

準備
1.菜の花は半分に切ります。
 鍋に湯を沸かして塩を入れ、菜の花の軸の方を30~40秒ほど固めにゆでて氷水に取り、水気を絞って小口切りにします。
 ☆軸を手でつまみ、中心にやや芯が残るくらいが目安です。
2.梅干しは種を除いて包丁でたたき、ペースト状にします。
3.塩昆布はみじん切りにします。
4.力ジキマグ口はひと口大に切ってボウルに入れ、Aと梅干しを加えて和え、5分ほどおき片栗粉を薄くまぶします。

揚げる
1.170℃に熱した油で力リッとするまで揚げ、中まで火を通します。
2.菜の花の穂先の方もさっと素揚げにします。色鮮やかになったら上げ軽く塩をふります。
3.器に盛り、レモンを添えて完成です。

菜の花の混ぜごはん
ボウルにご飯を入れ、小口切りにした菜の花と(B)を加えて混ぜます。

POINT

塩昆布と梅干でうまみをアップします。冷めてもおいしいのでお弁当にも良いです。
ご飯は菜の花とかつお節で踏み豊かにします。

チコリより

  
和風な揚げ物がとてもおいしそうです。菜の花の混ぜご飯も一緒に作って頂きたいですね。

スポンサードリンク