3月6日、フジテレビ、ノンストップの「行列シェフのまかない家ごはん」のコーナーで放送されたなすび亭吉岡シェフの「サワラのホウレンソウあん」のレシピです。
ふわふわ食感のサワラを水溶き片栗粉を使わない甘く口当たりのいいホウレンソウあんでいただきます。

スポンサードリンク

サワラのホウレンソウあん

材料 2人分

サワラ(切り身) 2切れ
ホウレンソウ   3束
塩       ひとつまみ
薄力粉     適量
サラダ油    大さじ1

(A)
だし汁     1/2カップ
しょうゆ    大さじ1
みりん     大さじ1

たまねぎ    小1個
ユズの皮(千切り 適量

作り方

準備
・サワラは両面に薄く塩をふって10分ほどおき、ペーパータオルで水気をふき、焼く直前に薄力粉をまぶします。
 ☆塩をふって10分程置くことで味付けの他、臭み消し、水分が抜けるので身に弾力が出ます。
  薄力粉をつけてから時間がたつと水分が出てしまい、きれいな焼き色がつきません。。
・ホウレンソウは湯に塩少々を加えてゆで、冷水に取ります。 水気を切って5㎜幅に切り、再度水気を絞ります。
・たまねぎはすりおろします。

焼く→煮る
1.フライパンに油を熱し、サワラを入れ中火でこんがり焼き色がつくまで3~4分ほど焼きます。
2.裏返して3分ほど焼き、さらに側面も焼いて皮目をパリッとさせます。
3.調味料(A)加えて煮立て、ホウレンソウを加えてひと煮します。
4.たまねぎを加えて混ぜ、煮立ったら火を止めます。
 ☆たまねぎを甘めに仕上げたいときは火をしっかり入れます。
5.器に盛り、ユズの皮をのせて完成です。

POINT

おろしタマネギでだしにコクと甘みをプラスし、自然なとろみをつけます。

チコリより

  
純和食という感じでとてもおいしそうです。おいしいサワラが手に入ったらぜひ作ってみようと思います。

スポンサードリンク