4月10日、NHKあさイチ「解決!ゴハン」のコーナーで放送された料理研究家枝元なほみさんが作る「こんにゃくとアスパラガスの昆布じめ」のレシピです。
こんにゃくとアスパラガスを昆布じめにしていただきます。

こんにゃくとアスパラガスの昆布じめ

材料 作りやすい分量

生芋こんにゃく 1/3枚(100g)

グリーンアスパラガス 5本
薄口しょうゆ 小さじ1/2

昆布(10㎝X15~20㎝) 3~4枚

(A)
酒      大さじ1(煮切る)
水      大さじ1

塩      少々

作り方

準備
・こんにゃくは3等分にして2㎜程の厚さに切ります。
・アスパラガスはピーラーで根元の皮をむきます。
・(A)の酒はレンジで加熱して煮切り、水と合わせます。

1.鍋にこんにゃくを入れ、カブるくらいの水を入れ、火にかけます。沸騰したら30秒程煮て、ざるに上げ(ゆでこぼし)、冷まします。
☆こんにゃくのアクを取るためと熱を加えて引き締めプリッとさせます。
2.フライパンに油を熱し、転がしながら、焼き色がつくまで焼き、しょうゆを加え、冷まします。
3.昆布は刷毛で(A)を塗ります。
4.ラップの上に昆布→こんにゃく→塩を少々ふります→昆布→アスパラガス→昆布の順で、昆布の上に具材を並べ昆布で挟みます。
5.ラップで包み、重しをして一晩おきます。

POINT

こんにゃくは「山ふぐ」と言われています。
アスパラガスは焼く方が味がしまり、濃厚になります。

残った昆布で「鶏と昆布のポン酢煮」を作りました。レシピはこちらです。

チコリより

こんにゃくやアスパラガスの昆布じめっていただいたことがないのでどんな風になるのか興味がありので作ってみようかな!

スポンサーリンク