4月12日、NHKあさイチ「解決!ゴハン」のコーナーで放送された料理研究家コウ静子さんが作る「いわしとキャベツの春巻」のレシピです。
いわしをキャベツ・じゃがいもといっしょに包んで揚げます。オリーブとバジルの香りもよい春巻きです。

いわしとキャベツの春巻

材料 2人分

いわし    3匹

塩      適量
こしょう   適量

(A)
じゃがいも  1個
キャベツ   200g
オリーブ(黒・タネ抜き) 9粒
バジル(生)  8~10枚

春巻の皮   6枚

水溶き小麦粉 適量

粉唐辛子   適量
こしょう   適量

作り方

準備
・いわしは三枚におろし、薄い塩水で軽く洗い、ペーパータオルで水けを拭き、身の方に塩・こしょうをふります。。
・じゃがいもは水で洗いラップに包んで、600Wの電子レンジで4分間加熱し、、皮をむいて粗くつぶします。
・キャベツは5㎜幅のせん切りにして、ボウルに入れ、塩(2g・分量外)をふって軽くもみ、10分間ほどおいて水けをしっかり絞ります。
 ☆絞ったら150g位になります。
・オリーブは半分に切ります。
 ☆オリーブは塩分がかなり強ければ量を加減してください。
・バジルは大きなものは手でちぎります。
・水溶き小麦粉は小麦粉と水を同量で溶いて作ります。

1.(A)を混ぜ合わせます。
2.春巻の皮を角を手前におき、①→いわし→①の順に重ね、皮を巻いて包み、巻き終わりに水溶き小麦粉をつけて止めます。
 ☆巻き終わったらバットに巻き終わりを上にしておけば、皮の薄い部分が上になるので水分で皮が破れるのを防ぐことができます。
3.揚げ油を150℃に熱し、春巻きを入れて中火で5分揚げ、返して1~2分間揚げます。
 ☆150℃は菜箸の先を鍋底に当て5秒で細かい泡が立つのが目安です。
4.器に盛り、小皿に粉唐辛子・こしょうを入れて添えて完成です。粉唐辛子・こしょうをつけていただきます。

POINT

水気があると破れたり水っぽくなるためじゃがいもを加えていますが、さらに小麦粉または片栗粉を加えても良いです。
低温でゆっくりと揚げると皮がパリッとなります。

チコリより

ゲストの方々がとてもおしゃれでおいしいと言っていました。いわしの頂き方が目先が変わっていていいですね。

スポンサーリンク