5月24日、NHKあさイチ「解決!ゴハン」のコーナーで放送された料理研究家高城順子さんが作る「かれいの煮つけ」のレシピです。
魚料理の基本、かれいを使って煮つけにします。魚はかれいの他どんな魚でもOKです。煮汁は調味料が同量なので覚えやすいです。

かれいの煮つけ

材料 2人分

かれい(切り身) 2切れ
新ごぼう    1/2本
わかめ(塩蔵)  20~30g
しょうが(薄切り) 4枚

(A)
水       100ml
酒       100ml
みりん     100ml
砂糖      100ml
しょうゆ    100ml

作り方

準備
・かれいの表面に味が染みやすいよう切り目を入れ、バットに入れ、湯をかけて霜降りにし、冷水に移して、表面を軽く洗い、水気をふきます。
 ☆独特のクセが抜け、身がしっかりします。
・新ごぼうは軽く表面の皮をこそげ取り、5㎝長さに切って、めん棒などでたたき、酢水に浸けます。
・ワカメは塩を洗い流し、水に浸けて戻します。

1.鍋(フライパン)に(A)を沸騰させ、火を止めてかれいは黒い皮面を下にして入れ、しょうが・ごぼうを入れます。
2.火にかけ、沸騰したら落としぶたをして中火で5~6分煮ます。
3.おとしぶたを取り、煮汁をかけながらさらに3~4分煮ます。
4.わかめを加え、温める程度に煮、器に盛って完成です。

POINT

煮汁の材料は覚えやすい「すべて同量」です。
調味料をはかるときは砂糖を初めにはかると容器につかないので良いです。
ごぼうの代わりにえりんぎ、じゃがいも・里芋などに代えてもおいしいです。

チコリより

煮魚の基本をおさらいできました。ふんわりにえていておいしそうです。煮汁は調味料が同量なので覚えやすいのがうれしいですね。

スポンサーリンク