6月7日、NHKあさイチ「解決!ゴハン」のコーナーで放送された料理研究家小林まさみさんとまさるさんが作る「干物で焼きさばずし」のレシピです。
サバの干物で簡単レシピ!「焼きさばずし」と「焼きさばのピリ辛マヨあえ」を作ります

スポンサードリンク

焼きサバずし

材料 2本分

さばの干物 1枚(300g)
酢     大さじ2

卵     1個
塩     少々
サラダ油  少々

しょうがの甘酢漬け(千切り) 20g
白ごま   大さじ1

温かいご飯(かために炊く) 200g
(A)
酢     大さじ1と1/2
砂糖    大さじ1/2
塩     小さじ1/4

青じそ   6~8枚

  ラップは40㎝を2枚使います。

作り方

準備
・さばは包丁またはハサミで頭・尾・ひれ・骨を切り取り、半身に分け、バットに酢を入れて絡め、5分間おきます。
・卵を溶き塩を加えます。
・(A)を混ぜ合わせます。
・しょうがの甘酢漬けは水気を切ります。

1.フライパンを強めの中火で熱し、さばの皮目を4分、返して3~4分焼き、粗熱を取ります。
2.さばの中骨のところで開き小骨を取ります。
 ☆サバの皮は厚いので身が崩れにくく、手で簡単に小骨を除くことができます。
3.フライパンを中火で熱し、サラダ油を入れ、卵を流し入れて炒り卵を作ります。
4.ボウルにご飯を入れ、(A)を加えてしゃもじで切るように混ぜます。
5.④に炒り卵・しょうがの甘酢漬け・白ごまを加えて混ぜ、粗熱を取ります。
6.ラップを広げ、サバを皮目を下にして置き、青じそを3~4枚並べます。
7.ご飯(1/2量)を俵型に握り⑥にのせ、ラップで巻いて形を整えます。同様に残り1個作ります。
8.食べやすい大きさに切って、器に盛って完成です。

POINT

ご飯は俵型に握ってからのせると成形しやすいです。
少し塩分が強くなりますが、塩さばでもおいしく作れます。


スポンサードリンク

焼きさばのピリ辛マヨあえ

材料 2人分

さばの干物 1/2枚
酢     大さじ1

(B)
豆板醤   小さじ1/3
マヨネーズ 大さじ1/2
オイスターソース 小さじ1/2

サニーレタス 1~2枚

作り方

準備
・バットに酢を入れ、さばを入れて酢を絡め、5分おきます。
・サニーレタスは手で食べやすい大きさにちぎります。

1.さばを魚焼きグリル(両面)で8分ほど焼き、身をほぐします。
2.ボウルに(B)をいれて混ぜ合わせ、①を加えて和えます。
3.器にレタスを敷き、②をのせて完成です。

チコリより

焼きサバずしも干物を使うと簡単にできますね!作ってみたいと思います。

スポンサードリンク