6月8日、NHKあさイチ「解決!ゴハン」のコーナーで放送された「中国名菜 孫」オーナーシェフ孫成順さんが作る「ジャージャン麺」のレシピです。
辛みを押さえた中国料理、本場北京のジャージャン麺(炸醤麺)です。

スポンサードリンク

ジャージャン麺

材料 4人分

肉みそ
豚バラ肉(かたまり) 150g
サラダ油   大さじ2
しょうが(みじん切り) 小さじ1
紹興酒(または酒) 大さじ1
ねぎ(みじん切り) 大さじ1
みそ     100g
湯      100ml

中華麺(生)  4玉

きゅうり   適量
もやし    適量
セロリ    適量
枝豆     適量
葉にんにく  適量

作り方

準備
・豚バラ肉は1㎝角に切ります。
・きゅうり・セロリは細切りにします
・葉にんにくは細かく刻みます。
・ボウルにみそを入れ、湯で溶きます。

1.フライパンにサラダ油を熱し、豚肉を強火で3~4分炒めます。
 ☆多めの油と豚から出てくる脂で揚げるようにじっくり炒め、噛むほどにおいしい肉に仕上げます。
2.しっかり焼き色がつき、肉の脂が出たらしょうがを加えます。
3.香りが立ったら一度弱火にし、紹興酒を加え、みそを加えて強火にし、ひと煮立ちさせます。
4.弱火にしてときどき混ぜながら約7分間煮つめて、ねぎを加えます。
5.鍋に湯(分量外)をわかし、枝豆・もやしをゆで、水けをきります。
6.セロリはサッと湯にくぐらせて水けをきります。
7.中華麺を袋の表示どおりにゆで、水でさっと洗います。
8.肉みそ・野菜・麺をそれぞれの器に盛って完成です。

野菜と肉みそを少しずつ麺にのせ、よく混ぜていただきます。肉みそは辛いので少量ずつ加えて味をみながらいただきます。

POINT

みそは甘くないタイプ(塩味が強いもの)を使います。
ごはん・うどん・そうめんにかけても良いです。
冷蔵庫で1週間保存可能です。表面に油の塊ができるので電子レンジで加熱して溶かして使います。
湯は変えずに枝豆・もやし・セロリ・中華麺の順に同じ湯で茹でます。
冬なら大根・白菜など旬の野菜を使います。

チコリより

これまでずっとジャージャー麺と言っていましたが、ジャ―ジャン麺が正しいのですね。日本では麺に具がのっていますが、本場では画像のように別々に出てきて、自分でのせていただくそうです。

スポンサードリンク