2月8日、NHKあさイチ「解決!ゴハン」のコーナーで放送された料理研究家高木順子さんが作る「里芋のコロッケ」のレシピです。
里芋のレシピの種類を増やしたいとの希望で、里芋のレシピの紹介です。
里芋の粘りがクリーミーでおいしいコロッケです。

スポンサードリンク

里芋のコロッケ

材料 4個分

里芋     250g

合いびき肉  80g 
ねぎ     20㎝
サラダ油   大さじ1/2

(A)
砂糖   小さじ1/3
塩  小さじ1/3
しょうゆ   小さじ1

小麦粉    適量
溶き卵    適量
パン粉    適量

揚げ油    適量

ベビーリーフ 適量
ミニトマト  適量

作り方

1.里芋は皮のまま使うのできれいに洗います。
2.ねぎはみじん切り(粗みじんでもOK)にしておきます。
3.鍋に里芋と里芋がかぶるくらいの水を入れ強火にかけます。煮立ったら弱火にして20~30分煮ます。
4.くしをさしてみてスッと通れば取り出し、粗熱を取って皮をむきます。
 ☆里芋の上下を切り落し両手で里芋を包み込むように持ち、親指で左右に皮を拡げるようにすると皮がつるんとむけます。
5.フライパンにサラダ油を熱し、ねぎを炒めます。
 ☆甘みが出るまでよく炒めます。
6.合いびき肉を加え、ほぐしながら色が変わるまで炒めます。
 ☆しっかり火を通します。
7.調味料(A)を加えて炒めます。
8.里芋はボウルに入れ、マッシャーでつぶします。
 ☆粗めでOKです。 
9.⑦を加え全体に混ぜ合わせます。
 ☆混ざりにくいので押さえるように具を入れこんでいきます。
10.たねを4等分にして俵型に成形します。
11.小麦粉、溶き卵、パン粉の順につけます。
 ☆溶き卵は少量の水を加えると使いやすくなります。
12.180℃の油できつね色に揚げます。
 ☆油の中に入れたらすぐには動かさないで、色が付き始めてから返すと表面が固まってきているので崩れません。
13.器にコロッケを盛り、ベビーリーフ、ミニトマトを添えて完成です。

ポイント

ひき肉はお好みで鶏、豚、牛でも良いです。

チコリより

お悩みの方同様、里芋は煮物やお味噌しか作りませんでしたがコロッケがおいしそうなので今度は里芋で作ってみようと思います。

スポンサードリンク