2月13日、NHKあさイチ「解決!ゴハン」のコーナーで放送された料理研究家門倉多仁亜さんが作る「チョコレートトリュフ3種一味違う手作りチョコレート」のレシピです。
チョコレートトリュフを手作りしてみませんか?フレーバーを変えて3種類ご紹介します。

スポンサードリンク

キャラメルトリュフ

材料 約20個分

製菓用チョコレート(スイート/粒タイプ)100g
生クリーム     50ml
グラニュー糖    50g
バター       5g
ココアパウダー   適量

作り方

1.製菓用チョコレートを細かく刻みボウルに入れます。
 ☆チョコレートが溶けやすくするためです。
2.グラニュー糖を鍋に入れて中火にかけます。かきまぜず、周りから少し溶け始めてきたら鍋をときどき揺らしながら溶かします。
3.グラニュー糖が全部溶けてキャラメル色になり、少し煙が立ってきたら、火からおろします。
4.③に常温にしておいた生クリームを加えます。泡をふくので注意しながら混ぜます。
5.バターを加え、さらに混ぜます。
6.①のボウルに、2~3回に分けて混ぜながら④を注ぎます。チョコレートが溶けきらない場合はボウルごと湯煎にかけて溶かします。。
7.ラップをひいたバットに広げ、ラップをかけて冷蔵庫で1時間ほど冷やします。
 ☆バットの底にラップをひいておくと後で作業がしやすくなります。
8.スプーンなどで一口大を取って手で丸め、ココアパウダーをまぶして完成です。

紅茶トリュフ

材料 約20個分

製菓用チョコレート(スイート/粒タイプ)100g
生クリーム     100ml
紅茶の葉      5g
バター       5g
粉砂糖       適量

作り方

1.製菓用チョコレートを細かく刻みボウルに入れます。
2.生クリームは沸かさない程度に温めてから火を止め、紅茶を加えて5分間おき香りを移します。
3.茶葉をこしながら①のボウルに注ぎ、混ぜながらチョコを溶かします。
4.バターを加えてさらに混ぜます。チョコレートが溶けきらない場合はボウルごと湯煎にかけて溶かします。
4.チョコレートをラップをひいたバットに広げ、ラップをかけて冷蔵庫で1時間ほど冷やします。
5.スプーンなどで一口大を取って手で丸め、粉砂糖をまぶします。


スポンサードリンク

ママレードトリュフ

材料 約20個分

製菓用チョコレート(スイート/粒タイプ)100g
生クリーム     50ml
オレンジママレード 30g
バター       5g
チョコスプレー   適量

作り方

1.製菓用チョコレートを細かく刻むボウルにい入れます。
2.生クリームに刻んだママレードを入れ、沸かさない程度に温めます。
3.①のボウルに2~3回に分けて混ぜながらチョコレートを溶かします。
4.バターを加え、さらに混ぜます。チョコレートが溶けきらない場合はボウルごと湯煎にかけて溶かします。
5.チョコレートをラップをひいたバットに広げ、ラップをかけて冷蔵庫で1時間ほど冷やします。
6.スプーンなどで一口大を取って丸め、チョコスプレーをまぶします。

ポイント

チョコレートは細かく刻むと生クリームに溶けやすくなります。
紅茶を日本茶やほうじ茶などに変えても良いです。

チコリより

チョコレートトリュフは簡単なので毎年作っています。大人用にブランデーやグランマニエなどを少し入れるとさらにおいしいですね。
手順は同じですのでチョコやフレーバー、トッピングを変えればいろんな味を楽しめるのも嬉しいですね。

スポンサードリンク