8月15日、NHKきょうの料理で放送された料理研究家平野レミさんが作る「無点火アボカ丼」のレシピです。
火を使わずに無点火で作ることができる、アボカドとコチュジャンをきかせたごまだれがおいしい丼です。

スポンサードリンク

無点火アボカ丼

材料 2人分

ご飯(温かいもの) 400g
アボカド   1個
みつば    10本
焼きのり(全形) 1/2枚
温泉卵(市販) 2個

(A)
白すりごま  大さじ4
しょうゆ   大さじ2
砂糖     大さじ1~1と1/3
水      大さじ1
コチュジャン 小さじ2
にんにくのすりおろし 小さじ1
ごま油    小さじ1/2

作り方

準備
・アボカドは縦半分に切って種・皮を除き、横に1㎝厚さに切ります。
・みつばは粗みじん切りにします。
・焼きのりは細かくちぎります。

1.ボウルに(A)を入れてよく混ぜます。
2.別のボウルにご飯を入れて、みつば(半量)・焼きのり(半量)を合わせ、サックリと混ぜます。
3.器にご飯を半量ずつ盛り、残りのみつばと焼きのりを散らします。
4.アボカド・温泉卵をのせ、たれをかけて完成です。

POINT

コツもない位簡単です!

チコリより

アボカドはわさび醤油がいちばんおいしいと思っていましたが、タレがおいしそうなので「無点火アボカ丼」作ってみようと思います。

スポンサードリンク