8月30日、NHKきょうの料理で放送された料理研究家栗原はるみさんが作る「豚のしょうが焼き」のレシピです。
白いご飯がよく合う焼き色のしっかりついた柔らかな豚のしょうが焼きを作ります。

スポンサードリンク

豚のしょうが焼き

材料 2人分

豚肩ロース肉(しょうが焼き用) 300g

(A)たれ
しょうゆ  大さじ4
みりん   大さじ3
しょうがのすりおろし 大さじ1

サラダ油  適量(1回焼くごとに大さじ1~2)

キャベツ  適量

作り方

準備
・豚肉は冷蔵庫から出して常温に戻し、2~3㎜厚さになるようたたきます。
 ☆火通りも良くたれも絡みやすくなります。
・キャベツはせん切りにし、冷水につけてよく水けをきり、冷蔵庫に入れておきます。
・しょうがはゆっくり丁寧に(静かに優しく)すりおろします。
 ☆強くおろすと、しょうがの粗い繊維が多く入ってしまい、焦げつきやすくなります。

1.(A)をバットに入れ、豚肉を1枚ずつ広げ入れ、2~3分間つけます。
 2~3回に分けて焼くときは、別のボウルにたれを作り、一度につけずにその都度たれを加えてつけます。
 ☆つけすぎると肉がかたくなります。
2.フライパンにサラダ油を強火で熱し、軽く汁けをきった豚肉を1枚ずつ、重ならないように並べ、30秒~1分間ほど焼いて、焼き色をつけます。
 ☆焼き色がつくまで触らないようにします。
3.裏返し、30秒間ほど焼き、器に盛り、キャベツのせん切りを添えます。
4.フライパンを洗い、残りを同様に焼いて盛りつけて完成です。
 ☆堅くならないように、短時間で焼き上げます。

POINT

適度な脂肪のある豚肩ロース肉は、肉質が柔らかなので、食感よく仕上がります。

チコリより

1枚ずつ丁寧にたれにつけて焼くというとても丁寧な作り方に驚きました。やはり手間をかけるとおいしくなるのですね。

スポンサードリンク