9月4日、NHKきょうの料理で放送された料理研究家パン・ウェイさんが作る「秋なすと豚肉のにんにくの芽炒め」のレシピです。
秋ナスと豚肉、にんにくの芽を合わせて炒めます。味付けはしょうゆだけです。

スポンサードリンク

秋なすと豚肉のにんにくの芽炒め

材料 2人分

なす  1個(100g)
にんにくの芽…1ワ(lOOg)

豚バラ肉(塊又は焼き肉用) 100g
(A)
紹興酒(または酒) 小さじ1
片栗粉  小さじ1

サラダ油 適量

しょうゆ 約大さじ2

作り方

準備
・なすはヘタを除き、5㎝厚さの輪切りにし、縦に1㎝幅の棒状に切ります。
・豚肉は5㎝長さ、1㎝幅の棒状に切り、(A)をふりかけて、もみ込みます。
 ☆紹興酒で肉の臭みを除き、片栗粉を加えてやわらかく仕上げます。
・にんにくの芽は根元側のかたいところを除き、5㎝長さに切ります。
 ☆具材を同じくらいの大きさの棒状に切っておくと食べやすい。

1.フライパンにサラダ油(大さじ1)を強めの中火で熱し、にんにくの芽を妙めます。途中でなすを加え、表面が少し柔らかくなるまでサッと妙めて、取り出します。
 ☆にんにくの芽は妙めすぎず、表面に少ししわが寄ったら、なすと一緒に取り出します。
2.同じフライパンにサラダ油(少々)を足し、豚肉をしっかり脂が出るまでで妙めます。
 ☆脂はペーパータオルに吸わせて取り除きます。
3.にんにくの芽・なすを戻し入れ、手早く炒め合わせます。
4.しょうゆを加えて火を止め、サッと混ぜあわせ、器に盛って完成です。

POINT

食材の組み合わを工夫して養生効果をアップします。
なすは中身の色で白い食材に分類され、体の熱を取り、秋の初めの体の不調を整えてくれます。
にんにくの芽は豚肉と組み合わせてお互いの栄養素の吸収を高め、滋養強壮の働きがあります。

チコリより

にんにくの芽とナスがツヤツヤしていて美味しそうです。食べやすい大きさに切っているのでたくさんいただけそうです。

スポンサードリンク