9月5日、NHKきょうの料理で放送された料理研究家後藤加寿子さんが作る「とうがんと鶏の葛ひき」のレシピです。
とうがんと鶏肉を煮て、とろみをつけます。体が温まる煮物です。

スポンサードリンク

とうがんと鶏の葛ひき

材料 2人分

とうがん  400g(正味250g)

鶏もも肉  120g
酒     少々

だし    力ップ2

(A)
みりん   大さじ2
うす口しょうゆ 大さじ1
塩     ひとつまみ

(B)
片栗粉   大さじ1
だし    大さじ1

しょうがのすりおろし 適量

作り方

準備
・とうがんは種とワタを除き、ピーラーで薄めに皮をむき、3~3.5㎝幅に切り、皮側に斜めに細かく格子状の切り目を入れ、3~3.5㎝角に切ります。
☆緑を残すように皮は薄くむきます。
 ☆皮側に細かく切り目を入れておくと食へやすく、味もよくしみます。
・鶏肉は余分な脂肪を除き、4等分に切り、酒(少々)をまぶします。
・(B)を合わせます。

1.鍋にだし・鶏肉を加えて火にかけ、煮立ったらアクを取り、とうがんを加えて中火で煮ます。
2.鶏肉は火が通ったら取り出し、とうがんが柔らかくなるまで煮ます。
 ☆肉に火が通りすぎないように途中で取り出し、うまみの出た煮汁でとうがんを柔らかく煮ます。
3.(A)を加え、さらに5~6分間煮て味を含ませます。
4.鶏肉を戻し、よく混ぜた(B)を入れ、とろみをつけます。
5.器に盛って、しょうがをのせて完成です。
 ☆片栗粉は水ではなくだしで溶いて加えると、煮汁の味を損ないません。煮汁の量によって水溶き片栗粉の量を加減してください。

POINT

とうがんで水分補給をします。とろみをつけて体が温まる煮物です。
しょうがは体にこもった熱を下げ、すっきりした味にします。

チコリより

とうがんの煮物大好きです。とろみもついておいしそうですね。

スポンサードリンク