5月17日、日本テレビキューピー3分クッキングで放送された料理研究家藤井恵さんが作る「かつおのカツ ねぎ塩だれ」のレシピです。
刺身用のかつおにフライ衣をつけて表面はさっくり、中はふっくら揚げたカツにレモンの酸味が効いたねぎ塩だれを添えます。

かつおのカツ ねぎ塩だれ

材料 4人分

かつお(刺身用) 400g
(A)
おろし玉ねぎ  大さじ2
しょうゆ    小さじ2


小麦粉     大さじ4
水       大さじ4
小麦粉     適量
パン粉     適量

ねぎ塩だれ
玉ねぎ     1/4個(50g)
レモン汁    大さじ2~3
塩       小さじ1
粗びき黒こしょう 小さじ1
ごま油     大さじ1/2

ベビーリーフ 2パック

揚げ油     適量

作り方

準備
・かつおは1cm幅にそぎ切りにして(A)を全体になじませ、10分ほど室温におきます。

1.ねぎ塩だれを作る
①玉ねぎはみじん切り(できるダけ細かく切ります)にし、レモン汁と混ぜて5分以上おきます。
 ☆たまねぎの辛みを抜きます。
②塩・粗びき黒こしょう・ごま油を加えて混ぜます。

2.カツオのカツを作る
①衣の小麦粉と水を混ぜます。
②かつおの水気をきり、小麦粉を薄くまぶし→①→パン粉の順につけます。
③揚げ油を200℃に熱し、③を入れ、衣がこんがりと色づくまで1分ほど揚げ、油を切ります。

3.仕上げ
器にカツオのカツとベビーリーフを盛り、ねぎ塩だれを添えて完成です。

POINT

フライ衣の卵の代わりに小麦粉水をまぶすとふっくらと揚がります。

チコリより

カツが半生に仕上がっています。ねぎ塩だれとの組み合わせがおいしそうです。

スポンサーリンク