8月5日、日本テレビキューピー3分クッキングで放送された料理研究家花野敬子さんが作る「ポークコロンボカレー」のレシピです。
フランスで馴染みのあるマイルドでレモンの酸味が効いたあっさりといただけるカレーです。

スポンサードリンク

ポークコロンボカレー

材料 4人分

豚肩ロース肉(かたまり) 500g

(A)
塩     小さじ2/3
こしょう  多め
レモン汁  1/2個分
玉ねぎの薄切り 1/3個分(70g)
にんにくのみじん切り 1かけ分
油     大さじ1

なす    2個(150g)
万能ねぎ  1わ(100g)
トマトの水煮(カットタイプ) 240g

油     小さじ2
クミンシード 小さじ山盛り1
赤唐辛子のみじん切り 1/2本分
カレー粉  大さじ2

水     300ml
シナモンスティック 2本
八角    2個
ローリエ  2枚

塩     適量
こしょう  適量

レモン   1/2個
香菜    適量
バスマティライス 適量(下記参照ください)

作り方

準備
・豚肉は4cm大に切り、(A)を順に加えてよく混ぜ、室温に30分おきます。冷蔵庫で一晩おいてもOKです。
・なすは3cm厚さの輪切りにします。
・万能ねぎは1cm幅の小口切りにします。
・シナモンスティック・八角・ローリエは一緒にお茶パックに入れます。

1.鍋に油(小さじ2)・クミンシードを入れて弱火にかけ、クミンシードがはじけて香りが立ってきたら、赤唐辛子を加えてさっと炒めます。
2.豚肉のマリネをつけ汁ごと加え、中火で肉の色が変わり、出てきた水分がとぶまで5~6分炒めます。
3.なす・万能ねぎ・カレー粉・トマトの水煮を加えて混ぜます。
4.水・お茶パックを加え、ふたをしてときどき混ぜながら、弱めの中火で40分ほど煮込みます。
5.ふたをとり、煮汁にとろみがつくまで10分ほど煮つめ、お茶パックをとり出し、塩、こしょうで味をととのえます。
6.器にバスマティライスとカレーを盛り、レモンと香菜を添える。肉にレモンを絞って食べる。

バスマティライスの炊き方
1.バスマティ2カップは汚れを落とす程度にゆすぎ洗いし、ザルに上げて水気をきり、鍋に入れて3カップの水を加えます。
2.ふたをして弱めの中火にかけ、5分ほどかけて沸騰させます。
3.沸騰して蒸気が上がったら、弱火にして5分炊きます。
3.ごはんの表面に穴が開き、上から見て水分がなくなっていたら火を止めます。
4.鍋の底にはまだ水分が残っているので、ごはんを底から返すようにしてざっと混ぜ、ふたをして10分ほど蒸らします。

POINT

フランスではコロンボというミックススパイスがでまわっていますが、日本では手に入りにくいのでオリジナルでミックスしてコロンボカレーを作ります。
バスマティライスは香りの往々と言われるとても良い香りのするとても細長い長粒種のお米です。
具は大きめに切ります。

チコリより

バスマティライスを初めて見ました。とても細長くてお米とは違ったものに感じましたがとても香りが良いそうです。一度いただいてみたいです。

スポンサードリンク