3月15日、TBSおびゴハンで放送されたフードスタイリストマロンさんが作る「幸せ!まんまる焼餃子」のレシピです。
豚肉のうまみとエビのプリプリ食感!焼き餃子でも水餃子でも楽しめるもちもちでまん丸な形に包みます。

スポンサードリンク

幸せ!まんまる焼餃子

材料 4人分

餃子の皮(直径8.5cm) 48枚
 ☆もち粉で作った皮を使います。

餃子のタネ
豚ひき肉     80g
むきエビ     100g
塩        少々
酒        小さじ2

にんにく     1片
しょうが     1片
長ねぎ(白い部分) 1/2本
ニラ       1/2束
白菜キムチ    50g
しょうゆ     小さじ1
ゴマ油      適量

水溶き片栗粉(焼き餃子用)
片栗粉      大さじ1
水        100cc

(A)水餃子用特製ごまだれ
白練りごま    大さじ4
甜麵醬      大さじ2
しょうゆ     大さじ1
砂糖       大さじ2
豆板醬      小さじ1〜2
酢        大さじ1
ぬるま湯        大さじ2〜3
ラー油      適量(お好みで)

(B)焼餃子のタレ
酢胡椒
酢        適量
胡椒       適量

(C)焼餃子のタレ
酢しょうゆ
酢        適量
しょうゆ     適量

作り方

1.タネを作る
・エビは細かく刻みます。
・長ねぎ・にんにく・しょうがはみじん切りにします。
・ニラは小口切りにします。
・白菜キムチは軽く水気を切って細かく刻む。

①ボウルに、ひき肉・塩・酒を入れよく練ります。
 ☆タネがボウルにへばりついたらOKです。
②エビを加えてさらに練り、にんにく・しょうが・キムチを加えさらに練り、長ねぎ・ニラ・しょうゆ・ごま油を加えます。
 ☆キムチを入れシャキシャキ感を出します。

2.タネを包む
①餃子の皮は水を塗って2枚重ねにして使います。
②中央にタネをのせて、半周に水を塗って半分に折りたたみ、ヒダは作らずしっかりくっつけます。
③餃子の腹(タネの入っている方の真ん中)を指で軽くくぼませ、皮の端をそらせながら丸くなるようにゆっくり曲げていき、両端を合わせて水をつけてくっつけます。

3.餃子をゆでる~水餃子
①たっぷりの熱湯の中に餃子を入れ、くっつかないように静かに混ぜながら中火で4〜5分茹で上げます。
②器に盛り付け、青ネギ(小口切り:分量外)を散らし、特製ごまだれ(A)を添えて完成です。
 ☆ごまだれ(A)は材料を上から順に加えながら混ぜます。

4.餃子を焼く~焼き餃子
①フライパン(直径24~25㎝)にごま油(大さじ1)を強めの中火で熱し、火を止めます。
②餃子をフライパンの底いっぱいに隙間のないよう敷き詰めて、火をつけて焼き、焼き目をつけます。
③鍋肌から水溶き片栗粉を回し入れ、ふたをして弱火で約8〜10分蒸し焼きにします。
④水分がなくなったらごま油(大さじ1程度)を回し入れ、フライパンをゆすりながらきれいな焼き目をつけます。
➄皿をふたにして裏返して盛りつけます。
 ☆焼き目が上になります。
⑥焼き餃子のたれ(B)・(C)を添えて完成です。
 

ポイント

餃子は中国が発祥で、もともと水餃子が始まりで、縁起を担いで食べるものでした。約600年前の通貨「馬蹄銀」の形に似ていて、食べるとお金持ちになって幸せになれる縁起の良い食べ物です。
現在中国では新年に家族揃って餃子を食べるのが金運アップの習わしとなっています。

餃子の皮はもち粉を使った厚めの皮を2枚重ねにして使い、カリカリに焼いてもモチモチ食感を楽しむことができます。

チコリより

 
皮を2枚重ねにして包むのでボリュームがありそうですね。いつも食べる餃子とは違った感じになりそうです。ぜひ作って食べてみたいです。ちなみに私は水餃子派です。

 

スポンサードリンク