1月19日、TBSおびゴハンで放送された洋食の達人森野熊八さんが作る「ステーキサラダ」のレシピです。
ステーキをサラダ仕立てにします。どんなお肉でもやわらかくジューシーに!

スポンサードリンク

ステーキサラダ

材料 2人分

牛肉(ステーキ用) 2枚 

こしょう
オリーブオイル
ブランデー 大さじ1 
赤ワイン  大さじ3

(サラダ用)
ブロッコリー
ベビーリーフ
サニーレタス
ルッコラ など お好みで

(ソース用)
市販のイタリアンドレッシング 大さじ3~4
トマト   1個
ニンニク  1片

作り方

1.材料の下ごしらえ
①サラダ用の野菜をざるに入れます。
 ☆お好みの野菜でOKです。
②お水をかけ、水を切ります。
③ざるのままラップなどはせずに冷蔵庫に入れ、冷やしておきます。
 ☆野菜をシャキッとさせる方法です。
④ソースを作ります。トマトはさいの目に切ります。
⑤ニンニクは縦半分に切り芽を取り除きます。
⑥牛肉は食べやすいよう縦半分に切り(大きさによります。小さければ切らなくてもOK)、塩こしょうでしっかり味をつけます。

2.ステーキを焼く
⑦フライパンにオリーブオイルを500円玉3個分入れます。
⑧油が熱くなったらニンニクを切った面を下にして入れ、肉を焼いていきます。肉は初めに側面から焼いていきます。
 ☆火加減は中火~弱火で。強火では焼きません。
 ☆側面から肉汁が出てこないように、厚みのあるお肉は側面から焼きうまみを閉じ込めます。
⑨側面の片側が焼けたら反対側の側面も焼きます。
⑩側面が焼けたら表面を焼きます。
⑪裏に返して焼きます。
⑫キッチンペーパーでお肉から出た余分な油をふき取ります。
⑬お肉をフランベします。ブランデーを入れてフライパンを斜めにして火をつけ、赤ワインも加えます。
 ☆フランベはブランデーなどアルコール度数の強いお酒で行います。カリッとした焼き目が付き香り良く仕上がります。
⑭お肉をまな板に取り出します。

3.ドレッシング作り
⑮フライパンに残ったブランデー・ワインを煮詰めます。
⑯トマトを加えひと煮し、イタリアンドレッシングを加えます。

4.盛り付け
ブロッコリーを先におき、次に葉物をこんもりとのせます。
 ☆ブロッコリーなどで土台を作ってから葉物を盛り付けると、お肉をのせてもつぶれず、美しく盛り付けることができます。
お肉を斜め薄切りにしてのせます。
上からドレッシングをかけて完成です。

POINT

・サラダ用の野菜はお好みで用意してください。
・コックさんはお肉の上手に焼けるようになったら一人前と言われます。ミディアム・ウェルダンなど焼き分けるのが一番難しく、どの焼き方でも表面は一緒の焼き色に仕上げます。火加減を変えるのがプロの技!
良いお肉を使うと焼きすぎてもかたくなりません。自信がない方は良いお肉を使うと上手く焼くことができます。
・ドレッシングはフランスでは調味料のひとつとして使われています。加熱すると酸味が和らぎマイルドになります。
・お肉を切るときは包丁の刃を全部使うイメージで切ります。

チコリより

 
やわらかくジューシーに焼けたステーキのサラダ仕立てで、野菜もたくさん頂けそうです。
今回もプロのコツが満載でした!

スポンサードリンク