4月3日、TBSおびゴハンで放送された季旬鈴なり村田明彦シェフが作る「鶏皮入りタケノコごはん」と、主婦代表北斗晶さんが作る「おつまみ即席メンマ」のレシピです。
タケノコの表面をごま油で炒め、鶏皮をカリカリに焼いて加えたタケノコご飯とタケノコの水煮を使ってたったの3分でできる副菜です。

鶏皮入り タケノコごはん

材料 2人分

米     2合
タケノコ(水煮) 1/2本(約100g)
鶏皮    2枚

ごま油   少々

(A)
だし汁・酒・薄口しょうゆを20:1:1の割合で合わせたもの 400cc(ポイント参照ください)

(B)
酒     大さじ2
みりん   大さじ1
醤油    小さじ2

わけぎ   3〜4本

作り方

1.タケノコを焼く
①タケノコの水煮の水気を切って大ぶりに切ります。
②ごま油を熱したフライパンで表面を焼きます。
 ☆水煮のタケノコは炒めてにおいを取ります。焼きつけるように焦げ目をつけます。

2.ご飯を炊く
①炊飯器に研いだ米を入れ、(A)を注ぎ、タケノコを加えて炊きます。

3.鶏皮を炒める
①鶏皮は細かく刻み、フライパンにごま油を熱し、余分な油をふきながら炒めます。
 ☆鶏皮から出てきた脂はくさみがあるので拭きながら取り除きます。ごま油は風味づけに使います。
②カリカリになってきたら、一旦火を止めて調味料(B)を加えて、火をつけて炒めて汁が少し残る程度に煮詰めます。
④わけぎは小口切りにします。
⑤炊き上がったご飯に、炒めた鶏皮とわけぎを加え、全体を混ぜ合わせて完成です。
 

ポイント

(A)ごはん用のだし汁は出汁 450cc、薄口しょうゆ 大さじ1.5、酒 大さじ1.5を合わせたものを400cc使います。
※ごま油で炒めることで、タケノコの水煮のにおいをやわらげます。

おつまみ即席メンマ

材料 2人分

タケノコ(水煮) 1/2本(約100g)
わけぎ     1本

(C)
醤油     大さじ1
みりん    大さじ1
ごま油    大さじ1
ガラスープの素 小さじ1
鷹の爪    1本

ラー油:適量

作り方

1.タケノコを切る
①タケノコは厚めの短冊ぎりにします。
②わけぎは短冊ぎりに合わせた長さに斜め切りにします。

2.調味料を和える
①鷹の爪は小口切りにします。
②耐熱容器に(C)を入れて合わせます。

3.レンジでチン
①タケノコを加え、混ぜたら、ラップをして、600Wの電子レンジで約2分加熱します。
②わけぎを加えてしっかり混ぜます。
③器に盛り付けて完成です。お好みでラー油をかけて頂きます。。

ポイント

レンジだけで仕上げる即席メンマです。

チコリより

 
タケノコごはんは焼いて香ばしさも加わるのでおいしいと思います。今度作るときはこれ作ってみたいです。
即席メンマは材料を切る時間を入れても3分、電子レンジだけで出来てしまうところがうれしいですね。

 

スポンサーリンク