4月4日、TBSおびゴハンで放送された銀座やまの辺山野辺仁シェフが作る「新たまねぎと豚肉のシュウマイ」と、主婦代表北斗晶さんが作る「パリパリサラダ」のレシピです。
新たまねぎをたっぷり使ったふわふわのシュウマイです。また残ったあんを炒めてドレッシングにし、カリカリに揚げたシュウマイの皮をトッピングにしてサラダも作ります。 

スポンサードリンク

新たまねぎと豚肉のシュウマイ

材料 約24個分

新たまねぎ 大1個(約250g)
サラダ油  少々

豚ひき肉  250g
塩     6g

(A)
しょうゆ    小さじ2
ごま油   大さじ1
こしょう  3g(2つまみ)
味噌    小さじ1

片栗粉   大さじ2
シュウマイの皮 24枚

(B)
醤油    大さじ2
酢     大さじ2
砂糖    大さじ2
和からし  小さじ2
白すりごま  小さじ2
ごま油   小さじ2

サラダ菜  適量(あれば)

作り方

1.たまねぎを蒸し焼き
①新たまねぎをみじん切りにします。
 ☆新たまねぎは芯もやわらかいので使います。
②サラダ油を熱したフライパンに入れ、油をなじませるように混ぜながら炒め、ふたをして3〜4分蒸し焼きにします。
 ☆新たまねぎは水分が多いので飛ばしながら甘みを出します。たまねぎが透き通ったらOKです。
③バットにあけて広げ、粗熱を取ります。

2.タネを作る
①ボウルに豚ひき肉・塩を入れ、粘りが出るまで混ぜてから、(A)を加え混ぜます。
 ☆肉が白っぽくなるまで混ぜて、」調味料を加えます。
②たまねぎと片栗粉を加え、さらに混ぜます。
 ☆片栗粉はたまねぎの上にのせ、たまねぎと片栗粉を混ぜて、たまねぎに片栗粉をまぶし、全体を混ぜます。

3.成形する
①シュウマイの皮は袋から出して「の」の字を書くように指でくるくる同じ方向になでるようにすると1枚ずつはがれやすくなります。
②シュウマイの皮に細めのヘラを使ってあんをのせます。
 ☆あんは多めに入れると形がきれいになります。
③ヘラをあんの中央に刺し、皮の方を上に向けます。
④皮を手のひら全体で包むようにしてくっつけてヘラを抜き、全体をととのえます。

4.蒸す
⑤蒸し器にオーブンシートをのせてシュウマイを並べ、約10分間蒸します。
 ☆シュウマイに竹串をさして唇の下の方に当て、ほんのり温かければOKです。
⑥タレの材料を混ぜ合わせます。
⑦皿にサラダ菜をしき、シュウマイをのせ、たれを添えて完成です。

ポイント

タネに味噌を入れて味に深みを出します。
タレの和からしはお好みで加減してください。からしの他には豆板醤、ワサビも合います。
タレは冷蔵庫で保存できます。サラダのドレッシングとして、また魚にも合います。


スポンサードリンク

パリパリサラダ

材料 2人分

新たまねぎ  1/2個
ミニトマト  2個
紫スプラウト 1/2パック

シュウマイの皮 4枚
揚げ油    適量

シュウマイのあん 50g
ポン酢    大さじ3

作り方

1.野菜を切る
①新たまねぎは薄切り、、紫スプラウトは根を落とし、まな板の上で合わせておきます。
②ミニトマトは2等分にします。

2.皮を揚げる
シュウマイの皮を1㎝幅に切り、フライパンに揚げ油を入れて、カリカリになるまで揚げます。

3.シュウマイのあんを炒める
①フライパンでひき肉を炒めます。
②火が通ったらポン酢を加え、軽くあたためます。
③器に新たまねぎとスプラウトを入れ、シュウマイの皮をのせ、②を上からかけ、ミニトマトを添えて完成です。

チコリより

 
シュウマイは家で作るとおいしいですね。北斗さんが作ったサラダもおいしそうです。同じ材料を使ってまったく別のものを作ってしまうところが楽しいです。

 

スポンサードリンク