4月10日、TBSおびゴハンで放送された「目白旬香亭」古賀達彦シェフが作る「鮭と山菜のピラフ」と、シュフ代表北斗晶さんが作る「パプリカのホットサラダ」のレシピです。
春の彩、ピンクの鮭と山菜・パプリカが見た目に華やかな、バターの風味がよいピラフです。パプリカを器にして「パプリカのホットサラダ」も一緒に作ります。 

鮭と山菜のピラフ

材料 3~4人分

米     2合

塩鮭    2切れ

新たまねぎ 1/2個
パプリカ(赤・黄) 各1/2個
塩     少々
こしょう  少々
にんにく(すりおろし) 小さじ1/4

サラダ油  大さじ1

ブイヨンスープ 360ml

バター   大さじ1
山菜(水煮) 約100g

作り方

準備
・米は研いで乾かします。

1.野菜を切る
・パプリカは粗めのみじん切りにします。
・たまねぎはみじん切りにします。
・塩鮭は、骨と皮を包丁で除きます。
・にんにくはすりおろします。

2.具材を炒める
①フライパンにサラダ油(少々)を熱し、鮭をさっと焼き、ほんのり焼き色をつけ、取り出します。
 ☆軽く表面を焼いて生臭さを取ります。油に鮭の香りも移ります。
②フライパンにサラダ油(少し多め)を足し、パプリカ・たまねぎ・にんにく・塩・こしょうを加え、野菜から水分が出るまで炒めます。
 ☆塩は野菜から甘みを引き出すためにふります。鮭の塩分もあるので少量ふります。
③米を加え、油を絡めます。

3.炊く
①温めたブイヨンスープを加え鮭(1切れ)をのせ、沸いてきたらふたをして弱火で15分ほど炊きます。
 ☆鮭はだしを出すために入れ、残りの半分は炊き上がってから加えます。
②鍋に湯を沸かし、多めの塩を入れ、山菜をさっとゆで、ざるに上げます。
 ☆山菜は塩ゆでにしてにおいを取ります。山菜を入れて再び沸いたらOKです。

4.蒸らす
フライパンのふたを開け、鮭(1切れ)・山菜・バターをのせ、ふたをして7~8分蒸らし、器に盛って完成です。 

ポイント

鮭は米を炊くときの出汁用と具材用に分けて加えます。

パプリカのホットサラダ

材料 2人分

パプリカ(赤・黄) 各1/2個
サラダ油   少々

新玉ねぎ   1/2個

塩鮭     1切

(A)
マヨネーズ  大さじ2
こしょう   少々

作り方

準備
・パプリカはヘタ・種・白い筋をきれいに除きます。
・たまねぎは薄切りにします。
・鮭は皮・骨を包丁で取り除きます。

1.鮭を温める
鮭は耐熱容器にのせ、ラップをして、600Wの電子レンジで約2分加熱し、粗くほぐします。

2.パプリカを焼く
サラダ油を熱したフライパンで両面焼きます。
 
3.具材を和える
ボウルにたまねぎ・鮭・(A)を加え、和えます。

4.盛りつけ
パプリカに具材を詰め、かいわれを適量のせて完成です。

ポイント

パプリカは生でも食べられるので焼きすぎないよう、軽く焼き色がつけばOKです。

チコリより

 
放送中材料が残っているものがありましたが(私の勘違いかもしれませんが・・)「90秒でわかる」のときは材料ににんにくと書かれていたのでレシピに加えました。入れた方がおいしいですよね、きっと。
華やかに見えるのでホームパーティーのときなどにもいいですね!

スポンサーリンク