4月12日、TBSおびゴハンで放送された「季旬鈴なり」村田明彦シェフが作る「つくねの照り焼き丼」と、シュフ代表北斗晶さんが作る「冷製ホワイトスープ」のレシピです。
豚ひき肉に絹ごし豆腐と春雨を加えて低カロリーなつくねを作り丼にします。副菜は絹ごし豆腐をなめらかにつぶしてスープを作ります。 

つくねの照り焼き丼

材料 2人分

(A)
豚ひき肉   200g
絹ごし豆腐  約100g
春雨(戻したもの) 40g
長ねぎ    20g
しょうが   5g
醤油     大さじ1/2
ラー油    少々
片栗粉    大さじ1

サラダ油   少々

(A)
酒      大さじ3
みりん    大さじ2
醤油     大さじ1と1/2

ししとう   4本

ごはん    2人分

卵黄     2個

作り方

1.タネを作る
①豆腐は6割程度になるまで水切りします。
②春雨はざく切りにします。
③長ねぎはみじん切りにします。
④しょうがはすりおろします。
➄(A)を加え、混ぜ合わせ、ひと口大の小判型に成形します。

2.つくねを作る
①熱したフライパンにサラダ油をしき、つくねを並べこんがり焼き、返してふたをして蒸し焼きにします。
②ししとうを加え一緒に軽く焼きます。
③(A)を加え、煮絡めます。

3.盛りつけ
⑤器にご飯を盛り、つくね・ししとう・たれをかけ、卵黄をのせて完成です

ポイント

春雨で食感がアップします。

冷製ホワイトスープ

材料 2人分

豆腐(絹)   1丁(約300g)
白だし    大さじ2
大根     100g(正味)
レモンの皮のすりおろし 少々

作り方

1.大根を切る
大根は皮をむき、5mm程度の角切りにします。

2.豆腐と混ぜる
①ビニール袋に豆腐・白だしを袋に入れ、もみながらなめらかになるようつぶします。
②大根を加えて混ぜます。

3.盛り付け
袋の口を縛り、角を少し切り落し、器に絞り出して盛り付け、レモンの皮のすりおろしをのせて完成です。

チコリより

 
つくねは豆腐と春雨でかさ増し&低カロリーになるのでたくさんいただけそうです。お弁当にもいいですね。
冷製ホワイトスープは盛りつけも袋のままで出来るので、洗い物も少なくていいですね。冷ややっこの代わりにもいいと思います。
 

スポンサーリンク