6月5日、TBSおびゴハンで放送された「季旬鈴なり」村田明彦シェフが作る「ピーマンの肉詰め 煮おろし」と、シュフ代表北斗晶さんが作る「みょうが寿司」のレシピです。
ピーマンをたっぷりいただく和風の肉詰めです。さっぱりした大根おろしと梅のたれをからめていただきます。副菜はみょうがと大葉をのせたお寿司を作ります。

スポンサードリンク

ピーマンの肉詰め 煮おろし

材料 2人分

豚ひき肉   160g

(A)
しょうゆ   小さじ1/2
砂糖     小さじ1/2
生姜(すりおろし) 小さじ1/4
こしょう   少々
卵      1/2個分
パン粉    大さじ1
牛乳     大さじ1

ピーマン   2個
薄力粉    適量

ごま油    小さじ3

(B)
だし汁    200ml
酒      大さじ1
みりん    大さじ1
薄口しょうゆ 大さじ1
梅干し    1個

(C)水溶き片栗粉
片栗粉    小さじ1
水      小さじ1

大根おろし  50g

みょうが   1個(細切り)
白髪ネギ   1/5本分

作り方

1.タネ作り
①(A)の牛乳とパン粉を合わせます。
②ボウルに豚ひき肉・①以外の(A)を入れ、混ぜます。
 ☆タネはゆるめの方がピーマンからはがれにくくなります。
③①を加え、さらに混ぜます。

2.詰める
・ピーマンは縦半分に切り、ヘタは残して、ワタと種を取ります。

①ボウルにピーマンを入れ、薄力粉をかけ、全体にまぶします。
②ピーマンの中に肉ダネをこんもりと詰めます。
 ☆タネをしっかり詰めるとはがれにくくなります。
③上から薄力粉をまぶします。

3.焼く
①フライパンにゴマ油を熱し、肉の面を下にして並べ、弱火にかけ、ふたをして中まで火を通し、器に盛り付けます。
 ☆焼き上がりまでひっくり返しません。ピーマンの上から串を刺して透明な肉汁が出てくればOKです。

4.タレ作り
・梅干しはたたきます。

①鍋に(B)を入れて火にかけ、沸いたら弱火にして(C)を加え、強火にしてとろみをつけます。
 ☆一度かたくなりますが、火を入れ続けるとゆるくなっていくので、その状態までしっかり火をいれます。
②火を止めて大根おろしを加えて混ぜ、盛りつけたピーマンの肉詰めの上にかける。
③細切りにしたみょうが、白髪ネギをのせる。

ポイント

ピーマンをはがれにくくするポイント
1.タネはゆるめに作ります。
2.ピーマン全体に薄力粉をまぶします。
3.タネをこんもりと詰めます。
4.焼く際は肉だねの面を下にして蒸し焼きにし、返さずに火を通します。


スポンサードリンク

みょうが寿司

材料 8個分

みょうが   2個

(D)
砂糖     大さじ2
酢      大さじ5
塩      小さじ1/2

ご飯     2杯分(約300g)
大葉     2枚
白ごま    適量

作り方

1.みょうがを切る
・みょうがは縦に4等分にスライスします。

2.レンジでチン
耐熱ボウルにみょうが・(D)を入れ、600Wの電子レンジで約1分加熱します。
 ☆みょうがが浸かるような容器に入れます。

3.握る
・大葉は縦に2等分に切ります。

①ご飯に②のみょうがをつけて加熱した甘酢を大さじ1程度加えて混ぜます。
②ラップにスプーン1杯分くらいのご飯をのせ、寿司状ににぎります。
③大葉→みょうがをのせてラップの上から軽く握ります。
④盛りつけて白ごまをふって完成です。

チコリより

和風の肉詰めもおいしそうですね。たくさんいただけそうです。

スポンサードリンク