6月13日、TBSおびゴハンで放送され「季旬鈴なり」村田明彦シェフが作る父の日に作りたい!スタミナメニュー「うなぎと夏ゴボウのスタミナ卵とじ」と、シュフ代表北斗晶さんが作る「丸ごとトマトの冷やしおでん」のレシピです。
うなぎと夏ごぼうにトマトも加えて柳川風に卵とじにしたスタミナメニューです。副菜はトマトを丸ごといただく冷やしおでんです。

スポンサードリンク

うなぎと夏ゴボウのスタミナ卵とじ

材料 2人分

うなぎの蒲焼 1枚(約120g)
ゴボウ   1本(約80g)
トマト   2個
青ねぎ   4本分
卵     2個

(A)
だし汁   300ml
酒     大さじ2
みりん   大さじ2
しょうゆ  大さじ2
山椒    適量(お好みで)

作り方

1.具材を切る
・夏ゴボウは半分をささがきに、半分は斜めに薄切りにします。
 ☆ごぼうにあらかじめ包丁で線を入れると細く削ることができます。
・トマトは8等分のくし形に切ります。
・うなぎは縦に半分にしてから1cm幅に切る。
・青ねぎは斜めに小口切りにします。

2.ダシで煮る

①鍋に、(A)を加え中火にかけ、ゴボウを加えます。
 ☆かば焼きの味が薄かったら調味料を増やします。
②ゴボウに少し火が通ったらトマト・うなぎを加え少し煮ます。
 ☆うなぎがやわらかくなったらOKです。

3.卵でとじる
①溶いた卵を半量まわし入れ、ふつふつしてきたら火を止め、フツフツが落ち着いてきたら残りの卵を加え、ふたをして蒸らし(20~30秒)、程よく火を通します。
②器に盛り、青ねぎをのせ、お好みで山椒を添えて完成です。

ポイント

トマトは赤パプリカに代えてもOKです。
卵はふわふわに仕上げるために2回に分けて加えます。
カサ増しテクニック
・ごぼうは1本使ってカサ増しします。
・ウナギは細めに切ります


スポンサードリンク

丸ごとトマトの冷やしおでん

材料 2人分

トマト 中2個

水 90ml
白だし 大さじ2

青ネギ 適量
ラー油 適量

作り方

1.トマトの皮をむく
①トマトはヘタをとって保存袋に入れて半日程度冷凍します。
②水にとって皮をむき、十字に深く切り込みを入れて、器に盛り付けます。

2.だし汁をかける
①青ねぎは小口切りにします。
②小鍋に白だしと水を熱し、トマトにかけ、青ネギをちらし、ラー油を回しかけて完成です。

チコリより

トマトを加えるのが面白いですね。酸味でいただきやすくなるようです。

スポンサードリンク