7月12日、TBSおびゴハンで放送された「季旬鈴なり」村田明彦シェフが作る火を使わない!さっぱり料理「アジの冷やし茶漬け」と、シュフ代表北斗晶さんが作る「昆布の白和え」のレシピです。
香り高い一番だしを使って冷やし茶漬けを作ります。アジの干物と梅と

スポンサードリンク

アジの冷やし茶漬け

材料 2人分

アジの干物  1枚
きゅうり   1/3本
トマト    1/2個
青ねぎ    2本
梅干し(種を除いたもの) 2個
大葉     2枚
ご飯     300g

ダシ
昆布     10g
鰹節     30g

作り方

1.ダシを取る
①1リットルの水に分量の昆布を2時間つけておきます。
②昆布を取り出し、火にかけて、沸騰直前に火を止めて鰹節を加え、すぐに濾し、冷やしておきます。
 ☆香りを重視した出汁を取るので絞りません。2番だしに利用してください。

2.野菜を切る
・きゅうりは縦に6等分に切ったものを小口切りにします。
・トマトは粗みじん切りにします。
・青ねぎは小口切りにします。

3.アジを焼く
グリルでアジの干物を中火で約8~9分焼き、骨を除いて身をほぐします。
 ☆皮のくっつき防止にはグリルの網に酢を塗ります。

4.盛り付け

①ご飯は氷水で洗ってぬめりを取り、水気をきって、丼に盛ります。
②梅干し・トマト・きゅうり・アジ・ちぎった大葉・青ねぎをのせ、冷やしただしを添えて完成です。
 
だしをかけていただきます。

ポイント

香り高いお出汁を作ります。味付けはしません。


スポンサードリンク

昆布の白和え

材料 2人分

ダシをとった後の昆布 15g
絹豆腐    100g
味噌(白)   小さじ2
ごま油    小さじ2
青ねぎ(小口切り) 大さじ2
七味唐辛子  適量

作り方

1.和える
・昆布は5~6cm長さのせん切りにします。

①豆腐をスプーンでつぶします。
②味噌・ごま油を混ぜ、昆布・青ねぎを加えて和えます。

2.盛り付け
器に盛り付け、お好みで七味唐辛子をふって完成です

チコリより

おいしいお出汁の取り方を教えていただきました。あじの干物と梅干しの塩分だけでさっぱりいただけますね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ