7月17日、TBSおびゴハンで放送された「銀座やまの辺」山野辺仁シェフが作る冷蔵庫の食材で作れる!夏休みランチメニュー「ちくわの中華丼」と、シュフ代表北斗晶さんが作る「かまぼこの明太チーズサンド」のレシピです。
ちくわ・かまぼこ・厚揚げなど冷蔵庫にある食材に野菜を加えて食べ盛りのお子様も満足のボリューム一杯の中華丼を作ります。副菜はかまぼこにチーズと明太子をはさんでオーブントースターで焼きます。

スポンサードリンク

ちくわの中華丼

材料 2人分

ちくわ    4本
かまぼこ   1/3本
厚揚げ    2枚
チンゲンサイ 1束
白菜     50g
ニンジン   1/4本
サヤインゲン 6本
しょうが   4g
長ねぎ    1/3本
しめじ    1/2パック

サラダ油   小さじ1

(A)
しょうゆ   大さじ2と1/2
砂糖     大さじ1
酒      小さじ2
中華だしの素 小さじ1.5
ケチャップ  小さじ1
水      270ml
こしょう   少々

(B)水溶き片栗粉
水      大さじ1
片栗粉    大さじ1

ネギ油    大さじ1

ご飯     丼2杯分

作り方

1.具材を切る
・ちくわは縦半分に切ってから斜め切りにします。
・かまぼこは短冊切りにします。
・厚揚げは縦半分に切ってから5~6mm幅に切ります。
・チンゲンサイは軸の部分は繊維に沿ってせん切り、葉の部分は繊維に逆らって2~3cm幅に切ります。
・白菜は5~6cm長さに切り、繊維に沿って太めのせん切りにします。
・ニンジンは斜め薄切りにしてから2~3等分に切ります。
・サヤインゲンは斜め切りにします。
・生姜は小さめの薄切りにします。
・長ねぎは10cm長さの太めのせん切りにします。
・しめじは石づきをとって小房に分けます。

2.炒める
①フライパンに中火でサラダ油を熱し、ちくわ・かまぼこを焼き目がつくまで香ばしく炒めます。
 ☆まず練り物を炒めて旨みを引き出します。
②白菜・ニンジン・サヤインゲン・しょうが・長ねぎ・しめじを加えて炒めます。
 ☆チンゲンサイ以外のやさいを加えます。
③しめじがしんなりしたら水を加え、厚揚げを加えます。
④(A)を加え混ぜて材料がしんなりしたら、チンゲンサイを加えてひと煮立ちさせます。
⑤こしょうを加え炒め、火を止めて、水溶き片栗粉を加え、火をつけてとろみをつけ、仕上げにネギ油を加えて絡めます。

3.盛り付け
器にご飯を盛り、上からかけて完成です。

ポイント

調味料にケチャップを使い酸味を加え、最後まで飽きない味にします。


スポンサードリンク

かまぼこの明太チーズサンド

材料 4人分

かまぼこ   1本
スライスチーズ 1枚
明太子    小さじ2
粉チーズ   適量

大葉     4枚

作り方

1.蒲鉾に具を挟む
・かまぼこは4等分にし、それぞれ真ん中に切り込みを入れる。
・スライスチーズは8等分に切る。

 かまぼこの切り込みの部分にチーズを2枚挟み、その間に明太子を挟みます。

2.オーブンで焼く
・天板にアルミホイルをしき、油を塗っておきます。

①天板にかまぼこを並べ、粉チーズをふりかけ、トースターで約5分、チーズが溶けるまで焼きます。(オーブンなら220℃で5分)
②一つずつ大葉で包んで器に盛り付けて完成です。

チコリより

冷蔵庫にある練り製品や野菜を使ってさっと作れるどんぶりは重宝しそうですね。かまぼこの明太チーズサンドはおつまみやお弁当・おやつにも良いですね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ