8月2日、TBSおびゴハンで放送された「ニルヴァーナ ニューヨーク」杉山幸誠シェフが作る「豆腐でつくる!バターチキンカレー」と、シュフ代表北斗晶さんが作る「豆腐のカプレーゼ風サラダ」のレシピです。
生クリームの代わりに豆腐を使ってペーストを作るバターチキンカレーです。カロリー控えめのうれしいレシピです。副菜は豆腐をチーズに見立ててカプレーゼ風のサラダに仕立てます。

スポンサードリンク

豆腐でつくる!バターチキンカレー

材料 2人分

鶏もも肉  400g

(A)
塩     5g
カレー粉  3g
にんにくのすりおろし 10g
しょうがのすりおろし 10g
ヨーグルト 100g

(B)ペースト
ホールトマト 1缶
絹豆腐   150g
水     200ml

サラダ油  大さじ3

グリーンカルダモン 3粒
クローブ  3粒
シナモンスティック 1/2本

にんにくのすりおろし 大さじ1
しょうがのすりおろし 大さじ1/2
クミンパウダー 小さじ1
カレー粉  大さじ1
砂糖    50g
バター   60g
塩     適量
ガラムマサラ 小さじ1

ご飯    適量

作り方

1.鶏肉に下味
①鶏もも肉は皮をとり、ひと口大に切ります。
②密封できるビニール袋に鶏肉・(A)を入れてもみこみ、30分ほど常温におきます。

2.トマトと豆腐をミキサーに
 ミキサーに(B)のトマト・豆腐を入れて撹拌し、水を加えてさらに攪拌してなめらかなペースト状にします。

3.カレーを煮込む
①鍋にサラダ油・カルダモン・クローブ・シナモンを加え、弱火~中火でじっくり香りを引き出します。
 ☆泡が出てきて、膨らんできたら、香りが移った合図です。
②にんにく・生姜を加え、香りが立ったら、鶏肉を表面の色が変わるまで炒めます。
③クミンパウダーを加えて炒めてなじませ、カレー粉を加えて炒めます。
④(B)を加えて、強火にし、ひと煮立ちさせます。
⑤砂糖・バターを加え、ふたをして10分煮込みます。
⑥ガラムマサラを加え、塩で味をととのえます。
⑦器にご飯・カレーを盛って完成です。

ポイント

グリーンカルダモンはさわやかな香り、クローブは甘い香り、シナモンも甘い香りがします。
スパイス類は加えるときは弱火で、なじんだら中火で炒めます。


スポンサードリンク

豆腐のカプレーゼ風サラダ

材料 2人分

絹豆腐 200g
塩 適量
トマト 1/2個
大葉 3枚
EXバージンオリーブオイル 適量
レモン汁 適量

作り方

1.豆腐を水切りする
①豆腐は3等分に切り、1つずつペーパーで包みます。
②ラップなしで、600wの電子レンジで2分加熱します。
③豆腐の全体に塩を強めにふり、再びペーパーで包んで、600wの電子レンジ2分加熱します。
 ☆塩の力で水切り時間が短縮されます。
④新しいペーパーで包み直し、ラップをかけ、重し(お皿など)をして冷凍庫で30分ほど冷やします。

2.盛り付け
・トマトは5mm程度の厚さにスライスします。
・大葉は縦半分に切ります。
・冷やした豆腐は厚さを半分にします。

①お皿に大葉→豆腐→トマトの順に斜めに重ねて並べます。
②EXバージンオリーブオイル・レモン汁を混ぜてかけ、お好みで塩をふって完成です。

チコリより

杉山シェフのお店の一番人気のバターチキンカレーを教わることができてうれしいです。今回はクリームの代わりに豆腐を使っていてカロリー控えめでいただけるのでぜひ作ってみたいと思います。

スポンサードリンク