8月9日、TBSおびゴハンで放送された「銀座やまの辺」山野辺仁シェフが作るお盆に食べたい!ごちそう「香味ダレたっぷり!鶏の唐揚げ」と、シュフ代表北斗晶さんが作る「タマネギのピクルス」のレシピです。
油淋鶏をアレンジして、野菜たっぷりの香味だれをかけていただく鶏のご馳走唐揚げを作ります。副菜は赤玉ねぎを使ってピクルスを作ります。

スポンサードリンク

香味ダレたっぷり!鶏の唐揚げ

材料

鶏むね肉 1枚
鶏もも肉 1枚

塩    小さじ1
酒    大さじ3

しょうゆ 大さじ1
片栗粉  適量

サラダ油(揚げ油) 適量

香味ダレ
(A)
キウイ  3個
きゅうり 1本
パクチー 1束
ねぎ   30g
しょうが 5g
赤玉ねぎ 1/2個
トマト  1個

カシューナッツ 30g

豆板醤  小さじ1
レモン汁 1個分
太白ごま油 大さじ4

作り方

1.鶏肉に下味
・鶏もも肉は余分な皮・脂身・筋を除き、厚い部分に切り込みを入れて平らにし、身に包丁の根元で切り込みを入れます。
・鶏むね肉は、余分・皮・脂身を除き、厚い部分に包丁の先で切り込みを入れます。
 ☆切れ目を入れて火の通りを良くします。

 ボウルに鶏肉・塩・酒を加えてもみこみ、15分くらいおきます。

2.香味ダレ作り
①野菜を切ります。
・野菜(A)は細かいみじん切りにします。
・カシューナッツは粗みじん切りにします。
②ボウルに①・レモン汁(1/2個分)・太白ゴマ油を入れ、よく混ぜ合わせます。

3.揚げる
①鶏肉の水気をキッチンペーパーでふき、しょうゆを絡め、片栗粉をまぶします。
 ☆しょうゆできれいな揚げ色をつけ、香ばしさを出します。
②揚げ油に鶏肉を入れ、弱火で1分程揚げ、返して1~2分揚げます。
③中火にして3~4回裏表を返しながら全部で10分程揚げます。
 ☆肉が閉まり、きれいな焼き色が付きます。
④鶏むね肉を取り出します。
 ☆むね肉は中まで火を通してしまうとパサパサになるので、先に取り出します。
⑤次に鶏もも肉を取り出します。揚げていた時間(10分程)と同じ時間置いて、余熱で中まで火を通します。

4.盛りつけ
①鶏肉を食べやすく切ります。
②器に香味ダレをしき、鶏肉をのせ、さらに香味ダレを上にかけ、残りのレモン汁(1/2個分)をかけて完成です。

ポイント

タレの材料はなるべく細かめに切りそろえ、口に入れたときに一体感を出します。
香味だれは残ったら翌日にお刺身にかけてカルパッチョ風にしていただくと良いです。


スポンサードリンク

タマネギのピクルス

材料 2人分

赤玉ねぎ 1/2個
砂糖   大さじ1
塩    小さじ1/4
レモンの皮(せん切り) 1/2個分
レモン汁 1/2個分

作り方

1.赤玉ねぎに味付け
・赤玉ねぎは2~3cm角に切ります。

 耐熱ボウルに赤玉ねぎを入れ、砂糖・塩を混ぜます。

2.レンジでチン
 ラップをして600wの電子レンジで約2分加熱します。

3.仕上げ
①レモン汁・レモンの皮のせん切りを加えて混ぜます。
②粗熱をとって、器に盛って完成です。

チコリより

タレにたっぷりの野菜が入っています。もも肉とむね肉で味わいが違うので両方あると嬉しいですね。

スポンサードリンク