8月10日、TBSおびゴハンで放送された「季旬鈴なり」村田明彦シェフが作るお盆に食べたい!ごちそう「牛焼肉のさっぱりそば寿司」と、シュフ代表北斗晶さんが作る「カラフルきんちゃく」のレシピです。
甘辛の牛焼き肉や卵を具にしてご飯の代わりにそばで作ってさっぱり仕上げる巻き寿司です。副菜は油揚げに具を詰めてバターじょうゆのたれをかけていただくカラフルきんちゃくを作ります。

スポンサードリンク

牛焼肉のさっぱりそば寿司

材料 2本・4人分

乾そば  2束
海苔   2枚

牛こま切れ肉 200g
焼肉のタレ 40g

卵    2個
塩    ひとつまみ
砂糖   大さじ1

きゅうり(せん切り) 1/2本分
紅しょうが 40g

ごま油  適量
すし酢  大さじ3
白ごま  適量

めんつゆ(ストレート) 適量
わさび  適量

作り方

1.牛肉を焼く
 フライパンにごま油を熱し、牛肉を炒め、焼き肉のタレを加えて味付けし、バットにあけて冷まします。

2.炒り卵を作る
 ①卵を溶き、塩・砂糖を加えて混ぜます。
 ②フライパンにごま油を熱し、卵を流し入れて炒り卵を作り、バットにあけて冷まします。
 ☆フライパンが熱くなりすぎないよう、たまに火から外してぬれ布巾の上に移し、ゆっくり火を通すと鮮やかな黄色になります。

3.そばを茹でる
①熱湯でそばを茹で、氷水でよく洗って冷やします。
 ☆そばは袋表示の30秒程短くゆで、かためにします。
②水気をしっかり切り、寿司酢をかけてなじませ、余分な酢はきっておきます。
 ☆酢を入れるとそばがのびにくくなります。

4.巻く
①巻き簾の上に縦長に海苔を乗せ、手前と奥を2~3cmずつあけてそばを敷き詰めます。
 ☆そばを横にまっすぐに、厚さを均一にしてのせます。
②手前から奥に向かって牛肉→炒り卵→紅しょうがをのせ、牛肉と卵の間にきゅうりをのせて牛肉ときゅうりの上に白ごまをふります。
 ☆具はやや手前におくと切ったときに具が中心にきます。
③手前からしっかり巻きこみ、ラップで包んで落ち着かせます。同様にもう1本作ります。
④ラップを1周分くらい残して外し、ラップごと1本を8等分に切ります。まず2等分に切り、さらに2等分、2等分にしていくときれいに切ることができます。
⑤器に盛り付け、お好みでめんつゆとわさびを添えて完成です。めんつゆにわさびを溶かしていただきます。

ポイント

具は卵・きゅうり・かんぴょうなどでもOKです。


スポンサードリンク

カラフルきんちゃく

材料 2人分

油揚げ  1枚

(A)
卵    1個
ツナ   1/2缶
ミックスベジタブル 50g

(B)
バター  15g
砂糖   大さじ1
しょうゆ 大さじ1

作り方

1.巾着に詰める
①油揚げを短い辺を少し切り落とし、スプーンの柄で中を袋状に開きます。
②ボウルに(A)・切り落した油揚げを刻んだものを混ぜます。
③②を油揚げに詰めて、口を爪楊枝でとめます。
④耐熱皿に置き、ラップをして600Wの電子レンジで約3分加熱します。

2.タレを作る
 フライパンに(B)を入れて熱し、バターが溶けてひと煮立ちしたらOKです。

3.盛りつけ
①巾着を4等分に切って爪楊枝を外します。
②器に盛り付け、たれをかけて完成です。

チコリより

おそばは巻いた後、ラップで包んで成形すると、あまりうまく巻けていなくてもきれいにできるそうです。挑戦してみたいと思います!

スポンサードリンク