8月29日、TBSおびゴハンで放送された「ニルヴァーナ ニューヨーク」杉山幸誠シェフが作る「焼きナスのドライカレー」と、シュフ代表北斗晶さんが作る「ナスとレモンのサラダ」のレシピです。
インドでは「ベイガンバルタ」と呼ばれる焼きなすのドライカレーを作ります。副菜は彩りがきれいなナスとレモンのサラダを作ります。

スポンサードリンク

焼きナスのドライカレー

材料 2人分

ナス    4本(400g)

サラダ油  25g
クミンシード 小さじ1/2
玉ねぎのみじん切り 40g
にんにくのみじん切り 7g
しょうがのみじん切り 7g
トマトのみじん切り 100g

(A)
カレー粉  3g
クミンパウダー 3g
チリパウダー 少々

塩     少々

刻みしょうが 適量

チャパティ(作りやすい分量)
全粒粉   350g
塩     10g
水     200ml
サラダ油  少々
打ち粉(薄力粉) 適量

作り方

1.焼きナスを作る
①ナスはヘタを除き、縦に4本程度切り込みを入れ、グリルで10分程焼きます。
②やわらかくなったら熱いうちに竹串を使って皮をむきます。
③細かく刻み、叩いてペースト状にします。

2.カレーを仕上げる
①フライパンにサラダ油・クミンシードを入れて熱し、香りが出たら玉ねぎを加え少し色づくまで炒めます。
②にんにく・しょうがを加え、香りが立ったらトマトを加え、トマトの水分を飛ばしながら炒めます。
③火を弱めて(A)を順に加えます。
 ☆スパイスは1種類ずつ加え、スパイスが焦げないよう弱火でなじませていきます。
④ナスを加え、中火にしてナスの水分を飛ばしながら炒め、最後に塩をふって味をととのえます。

3.チャパティを焼く
①大きなボウルに全粒粉・塩を入れて混ぜ、中央にくぼみを作り、水を少しずつ加えながら混ぜ、生地がまとまるまでしっかり練ります。
 ☆指を大きく広げて混ぜていきます。
②生地をひとまとめにし、サラダ油を表面に塗り、丸めて冷蔵庫で30分ほど寝かせます。
③生地を約60gずつ(ピンポン玉大位)に分け、打ち粉をまぶし、麺棒で丸く1mm厚さに伸ばします。
④あたためたフライパンで余分な粉を落とした生地を弱火~中火で両面合わせて5分程こげめがつくまで焼きます。
 ☆生地がぷくっと膨らんだら返しながら焼きます。
⑤最後に直火でさっとあぶって、香ばしさを出します。
 ☆IH調理器をお使いの場合はフライパンで少し長めに焼きます。
⑥器にカレーを盛り、刻みしょうが(千切り)をのせ、チャパティを添えて完成です。

ポイント

チリパウダーを増やすと辛くなります。
全粒粉は小麦を皮ごとすりつぶした栄養価の高い粉です。輸入食品店などで購入できます。
ご飯にも合います。


スポンサードリンク

ナスとレモンのサラダ

材料 2人分

ナス    1本
オリーブオイル 大さじ2
ミニトマト 4個
レモン   1/2個
塩     少々
こしょう  少々

作り方

1.ナスをレンジでチン
・ナスはヘタを除き、1~2cm厚さの半月切りにします。

 耐熱容器にナスを入れ、オリーブオイルを全体にまぶし、600Wの電子レンジで2分加熱します。

2.レモンと和える
・ミニトマトは半分に切ります。
・レモンはスライス2枚分程度をいちょう切りし、残りは汁を絞ります。

①ナスにレモン汁・塩・こしょうを加えて混ぜ、レモンのスライス・トマトを加えて和え、器に盛って完成です。

チコリより

ナスのドライカレーがヘルシーでおいしそうですね。ぜひ作ってみたいと思います。

スポンサードリンク