2月8日、TBSおびゴハンで放送された洋食の達人森野熊八さんが作る「鶏肉とトマトのチーズ重ね焼き」のレシピです。
ジューシーな鶏肉とトマトの酸味、トロトロのチーズが絶妙にマッチする一品です。

スポンサードリンク

鶏肉とトマトのチーズ重ね焼き

材料 2人分

鶏もも肉(小さめ) 2枚

塩        適量
こしょう(白こしょう) 適量
小麦粉      適量

オリーブオイル  適量
にんにく     1片

白ワイン     50cc

トマト      1個
ピザ用チーズ   適量

クレソン     適量

作り方

1.材料の下ごしらえ
①トマトはヘタを取り1cm幅の輪切りにし、にんにくは縦半分に切り芽を取ります。
 ☆トマトのヘタは小さめの包丁で刃先を中心に向かって刺し、トマトを回しながら切ると上手に取れます。
 ☆にんにくは芽を取ります。芽は加熱したときに苦みが出たり焦げやすくなるためです。
②鶏もも肉に塩、こしょうをして、小麦粉をまんべんなくつけます。
 ☆ソースを作らないのでこのまま食べてもおいしい位の塩をふります。
 ☆鶏肉などの淡白な食材には白こしょうが合います。
 ☆鶏肉は焼いている間に肉汁が逃げてしまわないよう、小麦粉でコーティングします。

2.鶏肉を焼きます
③フライパンにオリーブオイル・にんにくを入れて中火で熱し、オリーブオイルが温まったら鶏肉を皮お面を下にして、しっかり焼いていきます。
 ☆鶏肉は皮目から焼くことで皮と肉の間にある脂が溶け、肉全体にうまみがいきわたります。
④皮にしっかり焼き色が付いたら裏返し、鶏肉に火を入れます。焼きながら余分な油をペーパーで拭き取ります。
 ☆苦みの元となる小麦粉や余分な脂はしっかりふき取ります。
➄白ワインを入れ、フタをして蒸し焼きにします。
 ☆白ワインの効果で肉のうまみが凝縮され、またふっくらジューシーに仕上がります。
⑥白ワインが煮詰まって少なくなってきたら、鶏もも肉を再び返して皮目にも白ワインを馴染ませます。
 
3.オーブントースターで焼きます
⑦鶏肉をオーブントースターの天板にのせ、トマト、ピザ用チーズを順にのせます。
⑧220℃で約5分焼いておいしそうな焼き色をつけます。

4.サラダを作ります
下記ブロッコリーのサラダを参照してください。

5.盛り付け
皿に盛り、ブロッコリーのサラダとクレソンを添えて完成です。
 

POINT

鶏もも肉に小麦粉をまぶすと焼いた時に肉汁が逃げにくいので、ジューシーに仕上がります。
皮の面から焼き7割火を入れたらひっくり返して残り3割を焼きます。


スポンサードリンク

ブロッコリーのサラダ

材料 2人分

ブロッコリー  1/2個
ハム      3枚

マヨネーズ   大さじ3〜4
カレー粉    少々
塩       適量
こしょう    適量

作り方

①ブロッコリーは小房に分け、縦半分にしてます。
 ☆軸に切り込みを入れて手で割きます。
②鍋に湯を沸かし塩をいれ約1分茹でて冷水に取り、水を切っておきます。
 ☆湯500ccに対して塩は大さじ1~1と1/2を目安にします。塩を加えると茹でている間にブロッコリーのうまみが逃げません。冷水は色止めをするためです。
③ハムは約1cm角に切ります。
④ボウルにマヨネーズとカレー粉を入れてよく混ぜ、ハム・ブロッコリーを入れ、よく和え、塩、こしょうで味を調えて完成です。

POINT

カレーは風味がつく程度に少量入れます。

チコリより

 
ボリューム満点のおいしいおかずですね。ご飯にもパンにも、パスタにも合いそうですね。

 

スポンサードリンク