2月22日、TBSおびゴハンで放送された洋食の達人森野熊八さんが作る「海鮮あんかけ焼きそば」のレシピです。
魚介と野菜のうまみたっぷりの熱々のあんをパリパリもちもちの麺にかけて頂く、海鮮たっぷりのあんかけ焼きそばです。よく混ぜてあんを絡めて頂きます。

スポンサードリンク

海鮮あんかけ焼きそば

材料 2人分

中華麺(蒸し麺・太目) 2玉

シーフードミックス 120g
紹興酒     大さじ1
片栗粉     適量

長ねぎ     1/3本
しょうが    5g
白菜(大きいもの) 1枚
青梗菜     1株
もやし     1/2袋
にんじん    20g

紹興酒     大さじ2
鶏ガラスープ  200cc

ウズラ卵 4個
ハム      3枚

塩       適量
こしょう    適量
水溶き片栗粉  大さじ1〜2

サラダ油    適量
ごま油     適量

作り方

1.麺を揚げ焼きする
①麺は軽くほぐします。
②フライパンに多めのサラダオイルを入れて中火で加熱し、中華麺をあまり広げず入れ、動かさずに焼き色がついてカリカリになって固まるまで5分揚げ焼きにします。
 ☆サラダ油はフライパンの底を覆うくらいの量を入れます。
③裏返して、反対側も同様に焼き、器に盛り付けておきます。
 ☆裏返してからはお好みで、モチモチは1分、カリカリは3分と焼き時間を変えます。  

2.具材を切る
④白菜は芯と葉を切り分け、芯はそぎ切り、葉は手でちぎります。
 ☆白菜は芯と葉の部分ではかたさが違うため分けて切り炒めます。芯はそぎ切りにして火が入りやすくします。葉は細長くちぎると麺と一緒に食べやすくなります。
 青梗菜も茎と葉の部分を横に切り分けて、芯はばらさずに縦6等分に切り、葉はちぎります。
 長ネギは縦半分に切り、斜め細切りにします。
 ニンジンは短冊切りにします。
 ハムは食べやすい大きさに切ります。
 しょうがは皮をむき千切りにします。
 ☆繊維が残るためできるだけ細く切ると口当たりがよくなります。
➄ボウルにシーフードミックスを入れ、塩、こしょう、紹興酒(大さじ1)、片栗粉を入れて、よく揉み込みます。
 ☆片栗粉をまぶすとシーフードが固くなりにくいです。

3.炒めて仕上げる
⑥フライパンにサラダオイルを入れて加熱し、➄を片栗粉が固まっているので再度手で揉み込んでから入れて炒め、約6割火が入ったら➄のボウルに取り出します。
 ☆油通しの代わりに油で炒めて取り出しておき、うまみを閉じ込めます。
⑦同じフライパンで長ねぎ、しょうがを炒め、青梗菜と白菜の茎を加え約1分炒めます。
⑧全体がしんなりしてきたら、もやし、青梗菜と白菜の葉を入れて炒め、紹興酒、鶏ガラスープの順に加えます。
➈ハム・うずらの卵も加え、塩・こしょうで味を調えたらシーフードミックスを戻し、ひと煮立ちさせます。
➉混ぜながら水溶き片栗粉を少しずつ入れ、とろみがついたらごま油をかけ全体を混ぜて火を止めます。
⑪麺の上に盛り、赤唐辛子を散らして完成です。

ポイント

麺は周りをカリッと中をもちもちさせるために、麺は中央に高さを出してフライパンに入れ、なるべく触らずに揚げ焼きにします。
紹興酒の香りが特別なおいしさになります。
野菜の炒め順が大事です。まず香りの出るねぎ・しょうがを先に炒め、後で入れる野菜にしっかり風味をつけます。野菜は季節のものを使いましょう。
味付けは、酒を入れてからスープを入れると具材に酒の風味がしっかり移り、おいしくなります。

チコリより

 
カリカリもちもちの麺をあんに絡めて頂くのがとてもおいしそうです。大好きな焼きそばです。シーフードミックスを使えば便利ですね。具もたっぷりで栄養満点!野菜の炒め方、味付け順など他の料理にも応用できるポイントが満載でした。

 

スポンサードリンク