2月27日、TBSおびゴハンで放送された洋食の達人森野熊八さんが作る「海鮮ちらし寿司・お吸い物」のレシピです。
桃の節句におすすめの豪華な海鮮ちらし寿司です。スーパーで買う刺身にひと工夫します。お吸い物を添えてどうぞ。

スポンサードリンク

海鮮ちらし寿司・お吸い物

材料 2人分

タイの昆布締め 6切
マグロの漬け  6切
アジの酢締め  6切
ボイルエビ   6尾
タコ      60g
イクラ     大さじ2
厚焼き卵    100g
大葉      4枚
きゅうり    1/3本

寿司飯     適量
白ゴマ     適量
わさび     適量
きざみ海苔   適量

マグロ漬け
マグロ刺身   6切
しょうゆ    大さじ2
ショウガ汁   小さじ1

アジの酢じめ
アジ刺身    6切
塩       少々
寿司酢適量

タイの昆布じめ
タイ刺身 6切
板昆布 2枚
酢 適量

寿司飯(2合分)
ご飯 2合
寿司酢 40cc
ゆずの皮 少々

作り方

1.具材を仕込む
マグロ漬け
①しょうゆとショウガ汁を混ぜ冷蔵庫でマグロの両面を3分ずつ漬けます。
②ペーパータオルなどでマグロの表面のしょうゆを軽く拭き取ります。

アジの酢じめ
①アジの皮目を下にし、軽く塩をふり冷蔵庫で約15分ねかせておく。
②バットに寿司酢を入れ、アジを浸し、冷蔵庫で約10分おき、ペーパータオルなどで寿司酢を軽く拭き取ります。

タイの昆布じめ
①昆布の表面に酢をぬり酢洗いします。
 ☆昆布を湿らせてタイへ風味を移りやすくします。
②タイは酢にくぐらせます。
①の昆布にタイを並べ、昆布で挟み、ラップで包んで冷蔵庫で約1〜3時間ねかせます。
 ☆タイと昆布をしっかり密着させます。

2.酢飯を作る

寿司飯
①ゆずの皮をすり下ろし、寿司酢と混ぜます。
 ☆すりおろしたおろし金に寿司酢を入れるとゆずが無駄になりません。
②盤台に炊きたてのご飯を入れ、①の寿司酢を入れて冷ましながら混ぜる。
エビ、タコ、厚焼き卵は食べやすい大きさに切り、キュウリは薄い輪切りにしておく。

3.お吸い物を作る
 下記を参照してください

4.盛り付け
器に寿司飯を盛って、きざみ海苔をしき、タイ、マグロ、アジ、エビ、タコ、厚焼き卵、キュウリを盛ります。
大葉を手でちぎって入れ、イクラを盛り、白ゴマをふり、わさびを添えて完成です。
 

ポイント

アジは酢で締める前に必ず塩をふり余分な水分を抜いて、うまみを凝縮させます。
刺身は他のものでもOKです。白身、赤身、ひかりものにあわせてそれぞれ味をつけてください。


スポンサードリンク

お吸い物

材料 2人分

一番ダシ  2カップ分
日本酒  大さじ1
お麩(手毬麩) 適量
三つ葉   適量
塩     適量

一番ダシ(作りやすい量)
昆布    5g
カツオ削り節 15g
水   1ℓ

作り方

一番ダシ
①鍋に水を入れて昆布を入れ、3時間〜4時間おいておく。
②①の鍋を中火で加熱し、沸騰する前に昆布を取りだし、沸騰したら鰹節を入れてひと煮立ちさせ、ペーパータオルなどで漉します。
③お麩は水でもどし、水気をきっておきます。
④ダシを沸かし、日本酒と塩で味を調え、お麩を入れ、器に入れて三つ葉をあしらいます。

チコリより

 
スーパーで買ったお刺身の盛り合わせにそれぞれ違う味をつけていくのが大変そうですが、よりおいしくするためのひと手間ですから頑張りたいところですね。いろいろな具材があると彩りも華やかでおいしそうです!今年の桃の節句にぜひ作ってみたいです。

 

スポンサードリンク