1月10日、TBS「おびゴハン」で放送された洋食の達人森野熊八さんが作る大人も嬉しい「ナポリタン」のレシピです。
トマトを加えてさらっとした都会的なナポリタンです。ふわとろスクランブルエッグで味をまろやかに仕上げます。

ナポリタン 2人分

材料 2人分

スパゲッティー(乾麺) 150gから200g
ソーセージ      5本
ピーマン       2個
たまねぎ       1個
トマト        1個
マッシュルーム缶   100g
ニンニク       1/2かけ
バター        10~15g

(味付け)
ケチャップ      大さじ4~6
白ワイン       大さじ3~4

こしょう

(スクランブルエッグ)
卵          3~4個
生クリーム      1/4カップ

こしょう  
バター        20g

作り方

1.材料の下ごしらえ
①ピーマンは種を取って約3㎜の細切りにします。
 ☆縦半分に切ったらヘタの部分を内側に押すと種ごときれいに取れます。
②たまねぎは麺と絡みやすくするため、縦半分に切ったら薄く切ります。
③ニンニクは1かけを縦半分に切ったら断面を下に向けて1/2かけ分を薄く切ります。
 ☆ニンニクは内側に匂いがあるので表面だけを触りながら切れば手に臭いが付きません。。
④トマトはさいの目に切ります。
 ☆生のトマトを加えてさっぱり上品な味に仕上げます。
⑤ソーセージは縦に細切りにします。

2.具材を炒めます。
⑥フライパンにバターを入れて溶かし、ニンニク、たまねぎを炒めます。
⑦たまねぎに火が通ったらピーマン、ソーセージ、マッシュルームを加えさらに炒めます。
⑧トマトを加えます。
⑨白ワインを加えます。
⑩ケチャップを加え火を止めます。

3.パスタを茹でます。
⑪湯が沸いたら塩を加えパスタを茹でます。
 ☆パスタ同士がくっつかないように初めの30秒ほど混ぜます。
  ずっと混ぜていると、パスタの表面にある細かい凹凸がなくなってしまい、パスタがツルツルになって、ソースが絡まなくなってしまいます。
⑫麺を1本中央部を持ち上げてみて、麺がしなり、麺が下でくっつく状態になれば茹で上げます。(少し芯が残っている状態です)
 (その後ソースと絡めると余熱で帆が入り、ちょうど食べごろのかたさになります。)
⑬茹で上がった麺をトングで取りながら、フライパンに移します。
 ☆パスタから溶け出した小麦粉が味の調整やソースのとろみ付けなどに役に立つのでゆで汁はざるに上げて捨てないようにします。
⑭全体を混ぜます。

4.スクランブルエッグを作ります。
⑮ボールに卵、生クリーム、塩、こしょうを入れます。
⑯フライパンにバターを入れ中火にかけとかします。
⑰ボールの中身をフォークで混ぜます。
 ☆卵の白身を切りすぎないようにします。
⑱フライパンに流し込んだら木べらを立ててゆっくり大きく混ぜ、半熟状にとろりと仕上げます。

5.盛り付けます。
⑲ナポリタンを入れたらスクランブルエッグ、ウサギウインナーをのせて完成です。

POINT

ウサギソーセージの作り方です。(分量外)
①耳を作ります。
 ソーセージがカーブしている方を上にして2/3位のところに斜めに切り込みを入れます。
 切り込みを入れた部分に更に縦に包丁を入れます。
②足を作ります。
 ソーセージを裏返し、両端に横に切り込みを入れ、更に耳同様、縦に切り目を入れて前足・後ろ足を作ります。
③茹でます。切り口が開いてウサギになります。

チコリより

大人も子供もみんな大好きなナポリタン。名古屋のナポリタンは鉄板で薄焼き卵を作りパスタを盛り付けます。
ケチャップ味と卵は名コンビですね。生のトマトを入れて少しさらっと仕上げるのが今風のナポリタン。
早速作ります! 

スポンサーリンク