3月9日、テレビ朝日で放送された「ほたてとセリの黄身煮」のレシピです。
ほたてを卵の黄身をまとわせて煮ます。春の食材、ほたてとセリの色合いがきれいです。

スポンサードリンク

ほたてとセリの黄身煮

材料 2人分

ほたて貝柱  6個
柚子     1個
卵黄     4個
せり     1束
塩      適量
小麦粉    適量

(A)
だし     500ml
みりん    大さじ2
砂糖     大さじ1/2
薄口しょうゆ 大さじ2
しょうゆ   大さじ1

作り方

準備
・ほたてはかたい部分を取り除いて食べやすく半分に切ります。薄く塩をふって、小麦粉をまぶします。
 ☆ホタテの塩は下味をつけるので、煮汁が薄まらず、うまみを引き出すことができます。
 ☆小麦粉は刷毛を使うと薄くまぶすことができます。
・せりは3cm長さに切ります。
・柚子の皮をすりおろして、卵黄に適量混ぜます。→(B)
 ☆すりおろしは仕上げにも使います。

煮る
1.鍋に煮汁(A)を入れて煮立てます。
2.中火にして、ほたてに卵黄(B)をたっぷりとつけて煮汁に入れ、2~3分煮ます。
 ☆火加減が大事です。
3.ほたてを取り出し器に盛ります。
4.残った煮汁でサッとせりに火を通ししんなりさせます。
5.せりをホタテと一緒に器に盛り、柚子の皮をすりおろしてふって完成です。

ポイント

ほたてに卵黄をまとわて煮汁を吸わせて味をつけ、衣がついているのでほたてはうまみも逃がさず、やわらかいまま味をつけることができます。
味の入れにくいものに味を入れるという日本料理の手法です。

チコリより

 
黄身の色がきれいでおいしそうですね。これぞ日本料理!

スポンサードリンク