3月17日、テレビ朝日で放送された安い牛肉をおいしく「ポーチドエッグときのこのソテー」のレシピです。
きのこのソテーにのせてポーチドエッグをソースにしていただきます。ポーチドエッグを作るコツを抑えましょう!

ポーチドエッグときのこのソテー

材料 2人分

卵       2個

熱湯      1リットル(※ポイントを参照ください)
酢       50ml(※ポイントを参照ください)

マッシュルーム 6個
白ぶなしめじ  60g
エリンギ    60g
にんにく    小さじ1/4
ベーコン    1枚
塩       小さじ1/3
こしょう    適量
バージンオリーブオイル 大さじ1

作り方

準備
・新鮮な卵を冷やしておきます。
・マッシュルームは4等分のくし形に切ります。
・エリンギは7mm厚さの輪切りにします。
・白ぶなしめじはほぐします。
・ベーコンは5mm幅に切ります。
・にんにくはみじん切りにします。

ポーチドエッグを作る
1.熱湯に酢を加え、軽く煮立つ火加減にします。
2.卵を1個ずつ割って静かに入れ、3~3分30秒火を通し、取り出して水気を切ります。
 ☆卵をさわってみて卵白が固まっている・卵黄がある部分が少しやわらかい状態になれば取り出します。

きのこのソテーを作る
1.フライパンにバージンオリーブオイルを熱し、マッシュルーム・エリンギ・白ぶなしめじ・分量の塩・こしょうを加えて中火で炒めます。
2.中央を空け、にんにく・ベーコンを加えて炒め、香りを移すように全体を炒め合わせます。

盛りつけ
器にきのこのソテーを盛り、ポーチドエッグをのせるて完成です。

ポイント

ポーチドエッグの失敗しないコツ!
・卵は新鮮なものを使います→卵黄がしっかりしている
・よく冷やしておきます→湯に入れたときにすぐに固まる
・湯は鍋の大きさによって変わり、湯の深さが6㎝以上になるように入れます。酢は1リットルの対して50cc加えます。酢はタンパク質を固める働きがあります。
・酢を加えて静かに沸いた状態になったらなるべく水面の近くから沸騰しているところに静かに卵を入れます。

チコリより

 
ポーチドエッグはポイントを押さえて作ると手を加えなくても卵が勝手にまとまってくれます。
冷たい前菜などに使うときは冷水にとると良いそうです。
白いキノコを使い全体を白にまとめていますが、卵を切ると黄色が加わり、見た目の演出も素敵な一品です。
ポーチドエッグはなかなかうまく作れないので練習したいと思います。

スポンサーリンク