4月21日、テレビ朝日で放送された簡単スピードメニュー「鰆のカリフラワー添え」のレシピです。
皮目をパリッと、身はふっくら焼いたサワラと木の芽で春の香りを楽しみます。付け合わせのカリフラワーもおいしくいただけます。。

スポンサードリンク

鰆のカリフラワー添え

材料 2人分

さわら    2切れ(200g)
木の芽    10枚
カリフラワー 120g

(A)
パルメザンチーズ(粉) 大さじ1
バージンオリーブオイル 大さじ1

塩      適量
こしょう   適量
バージンオリーブオイル 適量

作り方

準備
・カリフラワーは小房に分けます。
 ☆できるだけ同じ大きさに切ります。軸に串を刺してスッと通ればOKです。
・さわらに塩・こしょうします。
 ☆身が厚ければ側面にも塩・こしょうをします。

1.カリフラワーは熱湯に湯の量の1%の塩を入れ、やわらかくなるまで3~4分ゆでます。
2.ザルに上げて水気をきり、鍋に戻して(A)を加えて混ぜ、こしょうをふります。
3.フライパンにバージンオリーブオイルを適量を熱し、皮目から中火で焼き油をかけながら焼きます。
 ☆皮が反るので焼きはじめは軽く押さえると良いです。
4.皮が色づいたら火を止めて裏返し、木の芽をちぎってのせ、焼き油をかけて余熱で火を通します。
5.器にカリフラワーとさわらを盛り、さわらの焼き油をかけて完成です。

ポイント

さわらは皮目から8割焼き、裏返したら余熱で火を通します。

チコリより

 
木の芽は日本にしかなく、代用品もないそうです。この時期一度は味わいたいですね。カリフラワーも粉チーズとオリーブオイルでおいしい付け合わせになるんですね!

スポンサードリンク