5月3日、テレビ朝日で放送された子どもが喜ぶメニュー「羽根つきギョウザ」のレシピです。
天ぷら粉を使ってパリパリの羽根つきの餃子を作ります。

羽根つきギョウザ

材料 2人分(20個)

あん
豚ひき肉   100g

(A)
キャベツ   100g
長ねぎ    40g
にら     30g

(B)あんの味つけ
塩      小さじ1/3
こしょう   適量
しょうゆ   小さじ1
ごま油    小さじ1

ギョウザの皮 20枚

(C)
天ぷら粉   大さじ1
水      120ml

油      適量

(D)餃子のたれ
酢      大さじ1
しょうゆ   大さじ1
ラー油    適量

作り方

準備
・キャベツはみじん切りにします。
 ☆大きいと焼いたときに生っぽくなったりえぐみが出ることもあります。
・にらは3mm幅に切ります。
・長ねぎは小口切りにします。
・(D)を混ぜ合わせます。
1.ボウルに豚ひき肉・(B)の塩を入れ、しっかり練って粘りを出し、こしょう・しょうゆを入れて混ぜます。
2.(A)を加えてしっかりなじませ、ごま油を加えて混ぜます。
 ☆肉と野菜をしっかりなじませると焼いたときに肉の臭みが出ません。
3.ギョウザの皮を手のひらにのせ、ふちに手前は残して水をつけ、具を大さじ1杯ほどのせ、皮を半分に折ります。このとき上になる方を下よりも少し小さくします。
 両手で両端を閉じ、両手の人差し指でおさえて向こう側にひだを作り、また左右を閉じておさえていきます。このように両手で包むと早く出来ます。
4.ボウルに(C)の天ぷら粉を入れ、分量の水を少しずつ加えながら混ぜます。
5.フライパンに油(小さじ1)を薄く引き、ギョウザを並べて中火にかけ、(C)を加えてふたをして3分蒸し焼きにします。
 ☆餃子は冷たいフライパンに少し間をあけて並べます。
6.周りに油適量をまわし入れ、フライパンを動かしながら3分焼きます。
 ☆羽根に焼き色がついてからもうしばらく焼くと餃子にも焼き色が付きます。
7.餃子を器に盛り、たれを添えて完成です。

ポイント

ギョウザの皮は普通サイズにして子供がたくさん食べられるようにします。
天ぷら粉で羽根を作る小麦粉だけよりも、よりパリパリに仕上がります。

チコリより

 
パリパリの羽根がついた餃子はおいしいですね。キャベツがたっぷり入っていて、具がバラバラになるところがお店の餃子のようです。私が作るとお肉の量が多くなりがちなのですが、分量をはかって作ってみたいと思います。

スポンサーリンク