3月19日、テレビ東京の「男子ごはん」で放送された料理研究家の栗原心平さんが作る春の簡単おつまみSP中華編!!「サワラの豆鼓炒め」のレシピです。
春の魚サワラを豆鼓を使って、濃厚でコクの深い味に仕上げた炒め物です。

サワラの豆鼓炒め

材料 2人分

サワラ   3切れ(約300g)
豆苗    1袋
たまねぎ  1/2個(60g)
にんにく  1片
しょうが  1片

(A)
砂糖    小さじ1/2
みりん   大さじ1
酒     大さじ1
しょうゆ  大さじ1/2
豆板醤   小さじ1/3
豆鼓    5g

サラダ油  大さじ2と1/2
ごま油   大さじ1/2
塩     適量
黒こしょう 適量
片栗粉   適量
糸唐辛子  適量

作り方

準備
・サワラは骨を取り除いて3等分に切り、塩(小さじ1/3)・黒こしょうを振って下味をつけて、片栗粉をギュッとにぎりながらまぶします。
☆片栗粉をしっかり握りながらまぶすことで油が汚れることなくカリッと仕上がります。
・たまねぎは縦1㎝幅に切ります。
・豆苗は根元を切り落として長さを半分に切ります。
・にんにく・しょうがはみじんぎりにします。
・豆鼓は潰してから、残りの(A)と混ぜ合わせます。

1.フライパンを熱してごま油をひき、豆苗を入れて塩(1つまみ)を振って強火でサッと炒めて器に盛ります。
2.フライパンを熱してサラダ油をひき、サワラを入れて中火で揚げ焼きにして全体に焼き目をつけます。
3.玉ねぎ・にんにく・しょうがを加えて炒めます。
4.玉ねぎが少ししんなりしてきたら調味料(A)を加え、木べらで豆鼓をつぶしながら炒め合わせます。
5.豆鼓の上にのせて盛りつけ、糸唐辛子をのせて完成です。

POINT

豆鼓は大豆を塩漬けにして発酵させ干したものです。中華料理の調味料として使われています。

チコリより

淡白なサワラにパンチが加わってとてもおいしそうです。お酒がすすみそうですね。

春の簡単おつまみSP中華編!!

スポンサーリンク