4月9日、テレビ東京の「男子ごはん」で放送された料理研究家の栗原心平さんが作る春の和定食2017「真アジのねぎ味噌詰め」のレシピです。
脂ののった真アジのお腹に特製味噌を詰めて焼きます。

真アジのねぎ味噌詰め

材料 2人分

真アジ     2尾
塩       小さじ2/3

(A)
ねぎ味噌だれ
味噌      大さじ1と1/2
酒       大さじ1
みりん     大さじ1
長ねぎ     10㎝(60g)
にんにく    1/2片

ししとう    適量
新しょうがの甘酢漬け 適量

作り方

準備
・アジの下ごしらえ
1.アジは腹からあご下まで切り込みを入れて腹ワタ・エラを取り出し、ぜいごを取り除きます。
2.両面に数か所切り込みを入れ、流水で洗って水けをふきます。
3.塩を振って15分おき、余分な水分と生臭さを取ります。
4.出てきた水分をペーパータオルで拭きます。
・長ねぎ・にんにくはみじん切りにします。
・ししとうは爪楊枝で数か所穴をあけます。
☆火通りを良くします。

1.ねぎ味噌だれを作ります。ボウルに(A)を入れ、その他の材料を加えて混ぜます。
2.アジのお腹に(A)をスプーンで詰めます。
3.魚焼きグリルで中火で3分焼きます。
4.ししとうも入れてアジと一緒に4分焼きます。
5.器に取り出してししとう・新生姜の甘酢漬けを添えて完成です。

POINT

味は丁寧に下ごしらえをします。
お腹の部分を崩して、味噌をつけながらいただきます。

チコリより

いただいたことがないお料理です。ぜひ作ってみようと思います。

春の和定食2017

スポンサーリンク