4月23日、テレビ東京の「男子ごはん」で放送された料理研究家の栗原心平さんが作る昭和の洋食屋さんメニュー「ミックスフライ定食」のレシピです。
新企画「昭和の洋食屋さんメニュー」です。ミックスフライはサクサクの衣がおいしい、コロッケ・エビフライ・ホタテフライの3種を作って盛り合わせます。

スポンサードリンク

ミックスフライ定食

材料 2~3人分

コロッケ
じゃがいも  大3個(約800g)
たまねぎ   1/2個
合いびき肉  100g
サラダ油   大さじ1/2
バター    10g
塩      適量
黒こしょう  適量

エビフライとホタテフライ
エビ     大4尾
ホタテ(貝柱) 4個
塩      適量
黒こしょう  適量
薄力粉    適量
生パン粉   適量
揚げ油    適量
溶き卵    2個分

付け合わせ
キャベツ
トマト
レモン
パセリ
中濃ソース

タルタルソース
ゆで     卵2個
ピクルス   小1本(約30g)
たまねぎ   小1/4(約50g)
マヨネーズ  大さじ4
塩      小さじ1/3
黒こしょう  適量

作り方

1.コロッケの準備
・たまねぎはみじん切りにします。
・じゃがいもは皮をむいて4等分に切ります。

①鍋にじゃがいもを入れ、かぶるくらいの水を入れ、強めの中火で20分くらい茹でます。
☆じゃがいもは水から茹でていくことで芯が残らずホクホクに仕上がります。
②竹串がスーッと通ったら茹で汁を捨て、再び強火にかけて水分を飛ばし、火を止めてマッシャー等でつぶします。
③フライパンを熱してサラダ油をひき、たまねぎを入れて強めの中火で炒めます。
④少し色づいてしんなりしたら、ひき肉を加えてほぐしながら炒めます。
⑤肉の色が変わったら塩(小さじ1/3)・黒こしょうを振って炒め合わせます。
⑥②に⑤・バター・塩(小さじ1/2)・黒こしょうを加えてよく混ぜ、バットに等に移してしっかり冷まします。
☆コロッケのタネは一度よく冷やすことで揚げたときの爆発を防ぎ、成形もしやすくなります。
⑦タネを12等分に分けて小判型に成形します

2.エビフライ・ホタテフライの準備
①エビは尾を残して殻をむき、背ワタを取り除きます。
②腹と背に数か所切り込みを入れる。
☆腹に3ヶ所、背は腹の切り込みと切り込みの間に2ヶ所切り込みを入れます。
③ホタテと共に塩・黒こしょうをふります。

3.衣をつける
①それぞれ、薄力粉をまぶし、溶き卵にくぐらせ、パン粉をフワッとおさえながらまぶします。
②揚げ油を中温(170~180℃)に熱し、中火で揚げます。
☆あまりいじらずに揚げます。ほたては返さずにさっと揚げます。
③衣がサクッときつね色になったら油をきって取り出します。

4.タルタルソースを作る
・ピクルスはみじん切りにします。
・たまねぎはみじん切りにして水に3分さらし、水気をしっかり絞ります。

ボウルにゆで卵を入れてフォークで刻み、残りをすべて加えて和えます。

5.盛り付け
・キャベツは千切りにします。
・トマト・レモンはくし切りにします。

コロッケ・エビフライ・ホタテフライを盛りつけ、キャベツ・トマト・レモン・パセリを添えて完成です。
タルタルソースや中濃ソースをかけていただきます。

POINT

衣のパン粉はふわっとつけると、はねている部分がサクサクとした食感になります。

チコリより

フライも一皿にいろいろ入っているとうれしいですね。ついどれか一品になってしまうのですが、今度は頑張ってミックスフライにしたいと思います。

昭和の洋食屋さんメニュー

スポンサードリンク