1月29日、テレビ東京の「男子ごはん」で放送された料理研究家の栗原心平さんが作る冬の和定食2017「ピリ辛ブリ大根」のレシピです。
ふっくらやわらかなブリに、味噌とコチジャンの辛みを加えたピリ辛のブリ大根です。

ピリ辛ブリ大根

材料 2人分

大根   1/2本
ブリ   4切れ
梅干し   2個

春菊   適量

(A)
酒   100cc
水   400cc
塩   1つまみ

(B)
砂糖     大さじ2
みりん    大さじ2
豆板醤    大さじ1/2
おろししょうが 大さじ1片分
しょうゆ   大さじ1
コチュジャン  小さじ1
味噌     大さじ3

作り方

①大根を厚さ3㎝の輪切りし、皮を厚めにむきます。大根の両面に十字の切り込み(かくし包丁)を入れます。
☆大根は少し厚めに皮をむくことでだしが染み込みやすくなります。
②鍋に大根がかぶるくらいの水を入れ、塩を加え大根を15~20分ほど下茹でします。
☆冷たい水から茹でることで中までやわらかく煮ることができます。
③大根に竹串がすっと通ったら取り出します。
④別の鍋にAとつぶした梅干しを入れ火にかけます。
⑤沸騰したらブリを加え弱めの中火で表面が白っぽくなるくらいにさっと煮てキッチンペーパーの上に取り出します。
⑥ブリの血などをキッチンペーパーで優しくふき取ります。
⑦Bを合わせておきます。
⑧⑤に合わせた調味料を入れ、大根を加えて5分煮込込みます。
➈ブリを加え落としぶたをしてさらに10分煮込みます。
➉ふたを取り好みの濃さになるまで煮詰めます。
⑪器に入れ、春菊を添えて完成です。

ポイント

ブリは脂ののったものを使うことで、かたくなりにくくおいしくできます。
酒と梅干でさっと下茹ですることでブリの臭みを取ります。
ブリを煮た鍋でさらに大根を煮ることでブリの旨みもしみこみ、おいしくできます。

チコリより

ブリ大根は大好きでよく作りますが、ピリ辛のみそ味のブリ大根、おいしそうですね。次回はこれで作ってみたいと思います。

冬のあったか和定食2017献立

スポンサーリンク