6月4日、テレビ東京の「男子ごはん」で放送された料理研究家の栗原心平さんが作るご当地ごはん!鹿児島「鶏飯」のレシピです。
さらっとおいしい奄美群島の伝統料理でどんこ・鶏肉・かつお節の3つのだしで作る心平流「鶏飯」です。

鶏飯

材料 4人分

どんこ(干しシイタケ) 5個(20g)
ぬるま湯  300cc

(A)
酒     大さじ1/2
みりん   大さじ1
砂糖    小さじ2
しょうゆ  大さじ1

鶏むね肉  300g
(A)
水     3カップ
酒     大さじ1
長ねぎ(青い部分) 1本分

かつお節  25g

(B)
酒     大さじ1
砂糖    小さじ1
みりん   大さじ1と1/2
しょうゆ  大さじ1
塩     小さじ1

白いりごま 適量
錦糸卵   適量
きゅうり(千切り) 1/2本分

温かいごはん 4人分

作り方

準備
・どんこを分量のぬるま湯で戻し、軽く絞って軸を除き、薄切りにします。戻し汁はとっておきます。
・鶏肉は皮を取り除き、切り込みを数本入れます。
・(A)を合わせます。

1.別の鍋に(A)を入れて沸かし、鶏むね肉を加えてふたをし、30秒煮たてて火を止め、15分蒸らします。
2.鶏肉を取り出し、細切りにします。
3.熱したフライパンにどんこを入れて炒めて、水分がなくなったら(A)を加え、汁気がなくなるまで炒め煮にします。
4.①の茹で汁にどんこの戻し汁を加えて火にかけ、沸いてきたらかつお節を加えて1~2分煮出します。
5.かつお節が沈んで冷めたらザルでこし、再び火にかけ、沸いてきたら(B)を加えて調味します。
6.器にごはんを盛り、どんこ・鶏肉・きゅうり・錦糸卵をのせ、白いりごまを振り、温かいスープをかけて完成です。

POINT

もとは奄美群島の郷土料理でしたが、今や鹿児島県全土で食べられるようになりました。錦糸卵・しいたけ・鶏肉などの具材をごはんにのせてだしをかけていただくご当地ごはんです。
干しシイタケは「どんこ」と「こうしん」があり、「どんこ」はかさが7分開きにならないうちに採取したもので、かさの色は薄く、縁は強く巻き込み、全体が丸みを帯びています。

チコリより

具だくさんで良いですね!お出汁がおいしそうです。

ご当地ごはん!鹿児島